島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2017-12-11 | NEW・G1フィッシング

初体験!瀬戸内の寒ブリ釣り


12月ももう中旬です
早いですねー

やー、それにしても
山陰は時化ますねー
風は強いし、寒いです

そこでですね
数年前から気になってはいたんですが・・・・

そして昨年は
いよいよそれらしきタックルも準備して
挑戦してみようと騒いでいたんですが
結局なんだかんだで行かれずじまい

それはですね
瀬戸内海の牡蠣筏から狙う

ブリ釣り

チヌ狙いで行く釣り人は
ここ山陰地方からもたくさんありますけどもね

そしてまずは今回の釣果から



ジャジャーン、やりましたー


案内役は
G杯アユのチャンプ
雅くん

彼の懇切丁寧なサポートのお陰で
初挑戦ながら本命を手にすることができました

この画像は
お世話になった
マルケン渡船の船長さんとお仲間さん


船からの泳がせ釣りでの釣果です

筏からも船からと同じようなものですけどもね



ブリ釣りに使う筏は
牡蠣漁を休止中で
牡蠣がぶら下がっていないやつ

ここにコンパネを敷いてもらって
足場となります

履き物はですね
耐油性の生ゴムソール仕様の長靴がいいですね


さて、餌はコノシロの生きたもの

コノシロと言っても
25僂らいあって
これをひと呑みですからねー
まずはそれに驚きます

コノシロを餌にして釣るのも
人生初です

これは船長さんが釣っておいて
くれたものを購入させてもらいます

実はこの
生き餌をキープするのが
なかなか難しいようです

今回も
わたしがコノシロ2尾で2本のブリ
雅くんが3尾で3本

まずは餌の調達がキモのようです


わたしはいろいろ聞きながら
ゆっくり準備しているとですね

開始早々から
雅くんに本命ヒットー



さすがですねー
隣の船は船長たちで
なにやら会話しながら
余裕のやりとり




ロッドはラグゼ チータ ジギング用です
いろいろ研究した結果
これが一番しっくり行くそうです


それでこれですよ
90僖ラスの丸々ブリブリ



筏のブリ釣り

すごいわー

自分の釣果じゃないのに興奮してねー


さい先のよいスタートに
今度は俺、今度は俺と
期待して待ちますが

この後は沈黙が続きます

船長船もしびれを切らして
偵察もかねた場所移動


わたしたちはここで粘ります

どーもこの釣り
こんなもんだそうです

1日、1人、1回アタリがあるかどうか

そんな釣りですが
案内役の雅くんは
昨年から通算して11連勝

この幸運にもあやかろうと
案内をお願いしたわけですけどもね

沈黙は続きます

すると雅くん
今度はチヌ仕掛けを準備し出します



さすがチャンプ
すぐにチヌも釣って見せました



そして、そして
とうとうわたしの仕掛けにも本命が食いつきましたよ

わたしも暇潰しに
チヌ仕掛けをごそごそと
いじっているところで
それは突然やって来ました


ドラッグがジージー鳴るロッドを手にとって
思わずオオー、トトトー

ものすごいパワー
これも青物特有ですねー

磯のヒラマサも手強いですが
これはこれですごいですよ



わたしの使用ロッドは我夢者の4号


これが根本まで来ますからねー
たまらんですわー

ついにやりました
初挑戦でゲットしましたよー



ちょっと小ブリですけども

やーうれしー

雅くんありがとねー

「ほんと釣ってもらってよかったですー」と
雅くんもひと安心


一か八かの釣りだと聞いていたので
これで大満足だったんですが

人生でも思い出に残る釣りになったのは
午後からのことでした

雅くんに2本目がヒットー

「そっちに走ったんで
  仕掛けをいったん上げてもらえますかー」

はいはい、OK

ロッドを手に持つと
ラインが勢いよく出ていきます

ありゃー、引っ掛けたかな?


すると彼は素早いやりとりで
またも90クラスをゲット

あら?てっことは?

来とるがなー

しかし今度のは
先程とは比べ物にならないパワー

道糸10号、ハリス12号の
太仕掛けとはいえ

ドラッグを効かせて
慎重にやりとりします




それがですねー
けっこう粘るんですよ

なかなか浮いてこない


筏の真下までは来ているんですが
ここからがねー



でもこのやりとりが
たまらないですねー




磯ではなかなかこうはいきませんもん

しっかり竿を曲げて
やりとりを堪能しましたー



そいで上がってきたのは・・・・

デカイ


このブリは
本日の最高魚となりました

潮氷で凍めて
港で検量してもらって 102


いきなりのメーターオーバーとなりました


こりゃー
また

のぼせるわー



穏やかな瀬戸内の風景

県境は路面にも積雪がありました
行き帰りには注意が必要です


今回お世話になった
雅くん

彼は何を釣らせてもうまいですねー


その実績はですね
すでにみなさんもご承知の通りですけども

この若さにして
わたしなどが
行き着くことができない境地を
経験しているんですからね

釣りの技術もさることながら

わたし今回
彼の一挙手一投足を見ていてですね

取り組む姿勢というか
価値観というか

非常にいいなーっと
感じました

いろいろとね

やっぱりね!ってね

こういう人が
何でも上達が早く
実績も残していくんですね

歳はわたしよりもずいぶん若いですけども
学ぶ点は多いと思いました

また機会があったら
お願いね!

ありがとうございました

年内にもう一度
挑戦したいですねー

2220 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年12月  >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog

TopPage access 1907764