島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2021-09-17 | NEW・G1フィッシング

家から2番目に近い鮎河川、神戸川は


すっかり秋めいてきました
朝晩は涼しくて気持ちがいいねー

早朝の犬の運動時には少し寒いくらい

そば畑ですかねー
満開で綺麗でした

そばの花って今ごろでしたかねー
もう少し遅いイメージでしたが
品種かなー



さてさて
わたしの川の釣りもいよいよ終盤です
夏の長雨の影響もあって
今年は釣行回数そのものが半減
釣果の方も型・数共に寂しいものになってしまいました

最近は全国からSNSを通じて
尺鮎に近いようなサイズがバンバン掛かってー
みたいな投稿を羨むばかりです


過去にはですねー
江の川で大鮎を掛けて心置きなく竿を納めることができたんですがねー

近年は不完全燃焼で
気がついてたら終わってたみたいな

28cmくらいのオトリ鮎をですねー
荒瀬の長竿で流芯に入れると

ガガガガガ・ガガーン
ズンズンズイーン・ズイーンと
豪竿を絞り込むアタリ

オトリ鮎よりも一回りデカイのが宙を舞います
泣き尺サイズが多かったですかねー

なかなか尺となるとねー

もうずいぶん昔のことのように感じます
年齢的にも
またあの釣りができるかと問われると自信がないですが
復活・再現できてもう一度挑戦したいですがねー

今年も荒瀬竿は休ませたまま出番が来ず
次のシーズンに送ることになりそうです

近い、楽、釣れる、旨いの
3拍子も4拍子も揃っている
斐伊川でしたが
今年は厳しかったですかねー

そしてですねー
ここへ来て
次に近い川、神戸川で
良型が掛かりだしたという情報が入って来ました

ここも数年前までは
よく通って終盤には良型揃いで
数も楽しめたんですが

ここ近年不漁が続いていました

先週末に久しぶりに行ってきましたよー
釣人がいっぱいいたのには驚きましたが

川の水がきれいだし
鮎がいるところは石もきれい

これですよねー
自然の共生というかですねー

ほんと自然環境の循環というかですねー
大切なことだと思います

石がきれいそうな場所へオトリを忍ばせますが
単発ですねー
なかなか連続ヒットに持ち込めません

網も入りますからねー
なかなか数は望めませんけども

それでも今年最大級の25cmちょいあるかなー
来ましたよ

なんかすごくデカく感じます




それとですねー
これはたぶん放流した個体だと思うんですが
どこ産ですかねー

これまでのわたしの経験でも
あまりないですねー

画像の撮り方が下手くそで
うまく伝わりませんが

抱卵鮎のメスですけども
長さはさほどないですが
異常にお腹がふっくらデカイ



これがですねー
お腹が卵で膨らみすぎて
オトリにセットすると
すぐに浮いてしまうんですよ

底へ潜っていかない
これを流れのよれなどを使って入れますが
わたしが思うよう泳いでくれませんねー

けーしゃんしゃん動けやー
みたいな

引き戻してみると
元気は元気なんですがねー

まあー子持ちですから
動きが鈍くて当然

浮力がありすぎますかねー


これまで子持ち鮎をオトリに使っても
あんまりこんな経験したことなかったんですがねー

あまりにも単発に掛かるんで
ローテーションもうまくいってないってことですかねー


斐伊川での仕掛けをそのまま持って入ったんですが
ちょっとイメージが違いましたね

仕掛けや釣り方のイメージを変えて
もう1回行ってみないと納得できませんな



台風14号が日本列島に接近中で
九州ではかなりの降水量で被害も出ています

山陰地方も直撃を心配していましたが
最新情報では進路が南下したので
直撃は避けられそうです

雨量が少なければ
近場の川はまだまだ行けそうですがねー

わたしはこの週末
ワクチン接種の2回目を打ちます

2回目は後遺症がある人が多いと聞きますが
どうなんでしょう


219 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2021年9月  >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog

TopPage access 2474811