島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2008年6月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2008-06-30 | 釣り情報や釣りの話題

フナ釣りに始まってフナ釣りに終わる


日曜日は大雨でしたねー

子どもの野球関係はすべて中止となりました

海も時化た様子・・・

川も増水で友釣りは無理です

よーし今日は久しぶりに身体を休めるぞー

・・・すると子どもは早起き

雨が降るのに

魚とりにいこう・・・釣りに行こう・・・・と
朝からうるさい

この攻撃に耐えて
何とか午前中はごろごろして過ごした

さすがに耐え切れずに
朝食兼昼食を前日の残り物のカレーライスをかき込んで
宍道湖に偵察に出かけた

雨はすっかり上がって
増水しているだろうと思われた川も
すでに落ち着いている

宍道湖のにごりもそんなにひどくなさそうだ

干拓堤防にはスズキ狙いのルアーマンたちが
たくさん出かけている

増水した川にフナやコイが上っていないかと
大きな網をもって出かけてみたが
この水位では無理だろう

それでは竿で釣ってやろうと
いったん帰って練りえさと道具を持ち出した

すると30センチほどのヘラブナが食いついてきた

元気がいい

グイグイ強い引きを見せる

子どもに持たせたやると竿が伸されそうだ

夕方までフナ釣りを楽しんだ

やりだすと子どもよりも夢中になってしまう

やっぱり釣りは子ども心を想い起こさせる
子ども心を忘れさせないところに魅力がある

「釣りはフナ釣りに始まってフナ釣りに終わる」・・・とはよく言ったものだ

9801 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2008年6月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog