島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2009年2月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2009-02-25 | 釣り情報や釣りの話題

男女遠征の装備とタイムスケジュール(参考)


男女遠征釣行装備品と収納例    日程表

初めての方は参考になると思います

経費

渡船料 40,000円
交通費 15,000円
エサ代 15,000円
・・・・・・・・・・・・・・・・程度必要です

チェックリストにしておくと忘れ物をしませんよー!

 









4号クラスの竿 バッグ

トート
バッグ
ガストーチセット
3号クラスの竿 携帯用コンロ・ボンベ
2.5号クラスの竿 シェラカップ・携帯用ナベ
2号クラスの竿 割り箸、スプーン、ホーク
たもの柄6m 貝とりコテ
たも枠60cm折りたたみ ナイフ
マキエしゃく×2 シェラフ
バッグ
リール大:8号ライン 折りたたみマット
リール中:5〜6号ライン 寝袋カバー
リール中:4号ライン ブルーシート
替えスプール タフロープ
フカセ用ウキ各種 ピトン
G1タルカゴ ハンマー
仕掛け完成品各号数 各10組 軍手
ハリス1.5号(ウキ止用)〜12号 下着着替え用
ガン玉G5〜4B レインスーツ(防寒・防水)
仕掛け小物各種 キャップ
水中ウキ各種 インナージャケット
ハリ:TKO 7〜12号 磯クツ
ウキパラソル ライフジャケット
ケミホタル25、37、75 タオル×5
パイプ天秤タルカゴ用 フィッシンググローブ
ハサミ・ラインカッター 偏向グラス
ペンチ 飲料水タンク3L×1
ヘッドライト×2 飲料水タンク2L×1
予備電池 食料5食程度 軽食 おやつ
メージャー 飲み物各種
  酔い止め
  痛み止め
バッカン
バッカン40L カットバン
バッカン36L 現金
サシエサケース 保険証
水汲みバケツロープ付き クーラー 配合えさグレ用×4
コマセマゼラー オキアミ生3k×6
エサ解凍用ネット・ひも付き オキアミボイル3k×6
ドンゴロス大×2 ジャンボ4k×6
クーラー 大型クーラー80L くわせオキアミスーパーハードL×4
 

 

 

 

1日目

0:00 22:00出発

エサの配分

 

車中移動

 
     
     
     
     
     
 7:00 佐世保渡船基地到着  
     
9:00  
10:00 渡船出港  
     
     
     
14:00 男女到着 渡礁 オキアミ1
配合1
  釣り開始
   
  夜釣り準備
18:00   オキアミ2
地アミ2
   
   
21:00  
  軽食を取りながら
ペース配分
必要に応じて仮眠
 
24:00:00
2日目
0:00 夜釣り オキアミ1
地アミ1
  軽食を取りながら
ペース配分
必要に応じて仮眠
 
3:00
   
   
6:00   オキアミ2
配合1
   
8:00 見回り
  軽食を取りながら
ペース配分
必要に応じて仮眠
 
 
12:00 見回り
  軽食を取りながら
ペース配分
必要に応じて仮眠
オキアミ1
配合1
 
 
16:00 見回り
  夜釣り準備
18:00   オキアミ2
地アミ2
   
   
21:00  
  軽食を取りながら
ペース配分
必要に応じて仮眠
 
24:00:00
3日目
0:00 夜釣り オキアミ1
地アミ1
  軽食を取りながら
ペース配分
必要に応じて仮眠
 
3:00
   
   
6:00   オキアミ1
配合1
7:00 見回り
   
9:00 納竿・乗船
     
     
12:00  
     
14:00 佐世保帰港  
     
16:00 佐世保出発  
     
18:00    
     
     
21:00    
     
     
24:00:00 帰宅


それから
平成7年ごろに「月刊山陰の釣り」で
G1フィッシングに連載していたときの記事を参考にどうぞ

当時は渡船の出船時間などが違うので
日程は参考にならないかもしれませんが
私も初心に戻るという意味で
離島遠征前には
当時の記事を読み返したりして参考にしています

 http://turi.sanin-navi.jp/22.html

7483 count

コメント(1件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


男女おつかれさまでした 

by 赤いスタッフジャンパー ( 2009-02-25 17:46:53 )


トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2009年2月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog