島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


  今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2009年3月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2009-03-18 | 釣り紀行・・・釣行紀

G杯チヌ予選徳山会場


今年のG杯予選第2戦目は
チヌの徳山会場

早朝から受付を済ませて
それぞれ抽選で引いた番号順に渡船に乗り込む

今回の参加者は約120人だ

この中から7人が全国大会の切符を手にする

私はD組の19番で20番の選手と
組で最後に渡礁

大津島だそうです

この島へはたぶん初めての渡礁

試合は1ラウンド3時間
1.5時間でポイント交代

2ラウンドは磯替わりして3時間
ここでも1.5時間でポイント交代

1ラウンド前半に待望のチヌをゲット

このほか2回アタリがあったが
針はずれ・・・・

藻の際の深みにチヌが寄ってきていたようだが
1.5時間が経過してポイント交代
 

すると一緒に上がった選手が入れポン・・・
4尾たて続けの釣果に・・・・参ったー!

潮上のポイントはほとんどサシエサが付いたままで反応がない

前半の釣り方を反省・・・

早アワセ・・・

雑なやり取り・・・

アタリが出てからのコマセの入れすぎ・・・

などなど

今回は砂地にハリス、サシエサをはわすイメージが
釣果がよかった

私は3ヒロのハリスに
G3×2でウキの浮力ゼロにし
さらにG7を針上30センチに打って
サシエサをゆっくり沈めて流した

もう少し軽い仕掛けで
タナを深くして釣った方がよかったのか・・・・

とにかく相手にコテンパンパンにやられて
反省の多い大会となった

それでも自分のことのようにうれしかったのは
一緒に行ったG1メンバーの5人のうち

古川さんと安田君が見事G杯全国切符を手にしたことだ

27センチ以上のチヌ5尾の総重量で競ったが
安田君は50超を1尾取り込んでいて
これが各渡船2位のトップになって

最後のカードを手にした

やったなー!
 

安田君の全釣果

5尾を揃えてD組(私と同じ組)2位

各グループの成績

結構みんな釣っているなー・・・・


G1の古川さん

5尾すべてを40アップで揃えて
見事優勝

G杯グレに次ぐ全国大会出場

やったねー・・・おめでとう!

7位までが全国大会へ

 

全国大会優勝を目指して
がんばってよー

今年から他の会場予選に何度出場してもOK

次の予選目指し
一緒に行けるようにがんばります

審査員より
やっぱ選手がいいー!

この日の私のタックル

ロッド:がま磯 アテンダー1号−53
リール:リョービメタロイヤルVS1500ZM
道糸:東レ銀鱗SSトーナメンター 1.75号
ハリス:東レトヨフロンスーパーL・EX1.5号
ハリ:がまかつ:ひねくれチヌ2号、3号ストレート
ウキ:竹下ウキ 14センチ G3-G3
ガン玉:G3×2 G7×1など

この日のエサ 1ラウンド  6:45〜9:45
          2ラウンド 10:45〜13:45

【コマセ】
マルキュー
チヌパワーV10白チヌ×4
オキアミ生3キロ×2

【サシエ】
くわせオキアミスーパーハードL×1
プレミアムボイルM×1
ベスト生オキアミL×1

6911 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2009年3月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog