島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2009年6月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2009-06-30 | G1なひとりごと

鮎はこうして保存します


釣った鮎はほとんど冷凍保存します

初物は定番の塩焼きにして

家族全員でいただきました

今の時期の鮎は骨が柔らかいので

ホクホクに焼けた鮎を頭からがぶり

なんともいえない味ですなー

 

これからは一生懸命釣って

とにかく保存します

 

私の保存方法は

専用の細長いビニール袋に(マルトの鮎保存専用ビニール袋)

氷締めした鮎を入れます

今の時期の小型なら2尾入れます

 

別の容器に氷水を作っておきます

この中には食塩を少々

 

そして鮎を入れたビニール袋に

この冷水を満タンに入れます

 

次に袋を逆さにしてこの冷水を流し出します

 

このときに袋の中が真空状態になるのです

後はビニールの口を輪ゴムでしばって完了

そのまま冷凍庫に保存します

 

ちょっと手間がかかりますが

こうして一手間加えることで

正月ごろに出しても

鮎独特の香りは損なわれません

 

また、一旦冷凍した方が

腹回りがカリッと香ばしく焼けるようです

 

焼くときは完全に解答しないで

袋から出して表面に塩が打てる程度にぬれたらOK

串に刺して炭火で焼けば最高です

 

家庭用のグリルも最近は遠赤外線機能が付いていますので

手軽にうまく焼けます

これも生よりも

一旦冷凍したものの方がきれいに焼けますね

 

いつでも新鮮な鮎が手軽にいただけるというものです

 

さて、こうして冷凍保存した鮎は

地区のイベントや懇親会

子どものクラブ活動などの慰労会や懇親会

こんな機会に振舞います

 

なかなか天然鮎をこんな形で食す機会は少ないですからね

みなさん喜ばれます

 

みなさんの喜ぶ顔がたまりません

 

今年もがんばって釣らねば・・・

26611 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2009年6月  >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog