島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2010年1月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2010-01-21 | 釣り紀行・・・釣行紀

最悪コンビの隠岐珍釣行・・・二日目


泊まりのお客さんに場所の優先権があるということで

「キチ、初日はおれがいいところに上がったけん、今度はお前がいいところへあがらこい」

なんだかんだいいながら、迷う迷う・・・なかなか決まりません

 

予報では西風が強くなることも想定して

結局は前日好調だった松島の「ホトケ」へ

 

しかし・・・・これが大裏目

潮は豊田方向に流れるホトケの最悪パターン

私も幾度となくホトケには上がっているのだが

この潮だけはよくない

「ほーら、お前と来たけんこぎゃんことになるがー」

「だいたい、お前と来ていい釣りしたことがないのー」

「おまえの普段の行いが悪いけん、こぎゃんことになるがー」

 

初日はダメでもまだ二人にはどこか余裕があった

 

しかし、二日目ともなると後がない

お互いにぼやきの連発

 

ついにキチ君・・・伝家の宝刀・・・磯替りコールが始まりました

「きゃんとこつまらん、替わるか、替わるか」

「午後からよくなるっていうけんここでいいわやー」

「いやつまらん」

「ほんならお前一人で替わればいいがやー」

 

・・・って言うが早いか電話が早いか

船長にコール

「船長を休ませんのー・・・ちーとわがままが過ぎるでー」

 

一人になって釣るも

釣れるのはスズメダイくらいなもの

2ヒロまで浅くするもここはエサ取りが多い

同じ海でもえらい違うものだ

ますます最悪の潮が早くなってきた

そのころから風も強くなり竿を持って立っているのが辛いほど

 

ちょうど昼になるので

何とか穴ぼこで湯を沸かしてカップラーメンに注ぐと

 

渡船のエンジン音

「おおー浜吉丸ではないかい」

ホースヘッドにはキチ君の姿が

「浜キチ丸になっとるがー」(あまりにもキチ君の磯替りで渡船を独占するため)

 

どこへ行っていたのか

また船長に磯替りコールして本日2度目の磯替り

 

しかも「どげかねー・・・戻ってきたわー」

「だめだけん戻ってこんでもいい・・・おれはここでやるけん」

「おまえは勝手にどっかへ行けー」

「ほんなら一緒にもっと風裏にいかやー」

 

私もここで断ればいいものを

まんまとキチ君の口車に乗ってしまった

 

ホースヘッドでできかけのカップラーメンをすすって

今度は松島の「イモ島」へ

確かにここは別天地・・・風がなくて穏やかだ

 

「なんかいー、いつだったかいもおまえと、ダメで結局最後はイモ島へ上がったがー」

「またここかい」

「そげん、あの風だったら結局釣りなんかできんわねー」

「だいたいおまえと来るといつもこーなる運命だがー」

「つまらんのー」

「ここが穏やかでいわねー・・・風が強いと疲れーがー」

 

とまたぼやきの掛け合い

 

イモ島では30cmまでの小型のグレがぽつぽつ

放流サイズも多かった

「釣れんよりいいがねー・・・面白いでしょう」

 

「ああー、夕方になったら風が落ちて、ホトケで40UPが入れポンだったになー」

「おまえにそそのかされたわー」

 

「しゃんことないわねー」

 

やれやれ、何とか無事に納竿、七類帰港

船長に「キチ君のペースにはまりっぱなしでしたねー」と・・・・とどめの一言

 

「あの船長だけんおまえの過ぎたわがまま聞いてごさいだでー」

客とはいえ

浜崎の船長さんは本当にいい人です

 

今回のめぼしい釣果は

結局イカでした


 
帰りの車の中

「腹が減った、腹が減った、もう血糖値が上がって倒れそうだわー」

「そこのコンビニよるけんねー」

 

「おまえまた豚マンかやー、共食いだのー」

「やーーー、これまいがー」

「だけん、こげん太るわやー」

 

「そーで今度はいつ行くかねー」

「もーおまえとは行かん」 


 【私の仕掛け】

ロッド:がま磯マスターモデル尾長M-53
リール:リョービメタロイヤル2000ZM
道糸:東レ・銀鱗SSサスペンド2.0号
ハリス:東レ・トヨフロン・スーパーL・EX2.0〜1.5号
ウキ:竹下ウキ・16センチ・6B
ハリ:がまかつ・A1ボイル口太5〜7号
ウキ下:竿1〜2本前後

 

【エサ】(1日分)
オキアミ生3キロ×4
地アミ4キロ×1
マルキュー・グレパン×1、グレパワーV9SP×1

くわせオキアミスーパーハードL×1
くわせオキアミV9L×1
 

6647 count

コメント(3件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


松江市の天狗堂さんが
今月いっぱいまで
たな卸しセールをやっておられます

在庫があれば早い者勝ちかも・・・

by G1 ( 2010-01-22 15:51:56 )

隠岐珍道中お疲れ様でした!
ホントにボヤキが聞こえてきそうです(笑)

私も2日後に行って玉砕にあいましたが
この時期の隠岐に行って、一級磯で釣りが出来ただけでも
満足でした(^^)

磯によって少ししか離れいていなくても、潮のあたり具合で
温度・魚の活性がずいぶん違うんですね。

俺もマスターモデル隠岐が欲しい・・・。

by やっさん ( 2010-01-22 12:23:55 )

紅イカはすごい引きでしたわー

ジェット噴射でかなり逆転しましたねー
パワーもですが
結構、持久力もあってなかなか弱りませんでした

よく、身切れしたり、針が伸びなかったものです
ラインは多分大丈夫だとは思ったのですが、
外れそうで冷や冷やしましたねー

実は、ロッドはがま磯マスターモデル尾長のM53でやっていたんです
ただ硬い強い竿では外れていたと思います

引き寄せるパワーがありながら
不意に逆転するときはソフトに受け止める

尾長はもちろん
口太でも、ヒラマサでも、マダイでも

そして巨大紅イカでも

まさに隠岐にはこれ1本あればOKです

マスターモデル隠岐といってもよいほどです

by G1 ( 2010-01-22 09:55:42 )


トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2010年1月  >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog