島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2010年3月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2010-03-31 | G1なひとりごと

まじー?魚の祟り?


1年以上もの間、苦しんでいた咳の原因が今朝、分かった

 

何度か病院へ行って検査をしてもらっていたが

これといった原因は分からないまま

最近では咳喘息の吸引薬まで処方してもらって毎日飲み続けていたが

一向に改善されず

 

何かの祟りではないかと

最近では思うほど・・・

 

新型インフルエンザが流行ったシーズンだったので

周りの人からは「おい、うつすなよー」なんていわれ

 

最近やたらコマーシャルしている結核まで疑ってみたが

そうでもなし・・・・・

 

今朝、いつものように出勤の車を走らすと

いつもの咳が止まらない

ゼイゼイ、ゼイゼイ苦しい

かなりの間咳き込んで涙も出てきた

 

するとなにやら喉の奥に違和感が・・・・

それでも咳は止まらず・・・

すると、なにやら異物が咳と一緒に・・・・ゲロ

ええええー

 

こここれは・・・魚の骨では

 

ええー・・・・もしや1年前の

 

そうです

昨年1月中旬ごろに

かなり大きな魚の骨が喉にひっかかったことがありました

 

それでも病院へ行くこともなく

かなり咳き込んだ後に取れたと思い

それからは特に痛みもないし

異物感もないし

普通に食事もできるし

気にもしていませんでしたが

 

そのころから原因不明の咳が続いていたんです

 

こんなことってありますー

信じられませんわー

 

魚の祟りってあるんですね

 

そういえばあれからあんまり咳がつかなくなりました

ようやく呪いが解けたようです

 


 

 

8971 count

コメント(2件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


やー心配かけましたー

シーズンインに向けて

これからエンジン全開だでー

by G1 ( 2010-03-31 13:59:18 )

そうだったんですか!?

ホント悪い病気でなくて良かった・・・。

魚の祟りかぁ〜。 ”コワッ!”

いやぁ〜でも本当に良かったですね(^^)

これからシーズンインです。

体には充分注意してくださいませ。

by やっさん ( 2010-03-31 12:58:49 )


トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2010年3月  >>
28 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog