島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


  今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2010年6月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2010-06-29 | Fishing質問コーナー

竹下ウキの沈め釣りについて


竹下ウキの沈め釣りについての質問をいただきました

ありがとうございます

まずは、回答が遅くなったことをお詫びします

 

さて、質問の方は隠岐在住と思われますが

竹下ウキの足の部分に糸オモリを巻いて

調整して沈めているということです・・・・・

 

かなり釣りのレベルが高いか

独創的な発想の持ち主で好奇心旺盛な方だと思います

 

私も20年ほど前に竹下ウキを四国や九州の大会で使っているうちに

同じようなことをやっていたことを思い出しました

 

当時はまだ、浮力の強いものしかなく

さまざまなことを工夫して試したものです

この中から竹下ウキの製作者であり

師匠でもある竹下氏にお願いして

進化して行ったのが現在の竹下ウキです

 

糸オモリなどを巻いて浮力調整したものと

内部に仕込んで最初からその浮力に設定してあるのとは

やはり性能に違いがあるものです

 

この浮力や長さ、太さ、そり加減などのバリエーションが多くなったことで

全国のフィールドでいかなる状況下でも対応できるようになったわけです

 

まず浮力から言えば

現在はマイナス表示または「沈め」「早沈め」といった

最初からマイナス浮力のウキもあります

店頭には希少だと思いますが

釣具店に頼んでおけば作っていただけます

 

ただし、手作りゆえに時間もかかりますし

マイナスの度合いができてみないと確認できないところがあります

だいたいの目安で依頼し

あとはできたものを自分で確認し使い分けることとなります

 

さて、質問では「−00」表示のウキに・・・・とありました

希少価値があるよいウキだと思います

 

私もこれに近い浮力サイズをよく使うのですが

私がよくやるのは

ハリスを竿1本分とった完全フカセで

ウキ止めなし

 

この設定で早い潮にウキごと入れて流し込んでアタリを待ちます

かすかに浮いているウキが

潮目(下に潜り込む流れ)に入って自然に潜り込んでいくことが大切です

 

ここで問題ですが・・・・

マイナスが強すぎるとどうなるでしょうか

 

フカセ釣りで一番大切なのは

「コマセとサシエサの同調」ですね

生オキアミとボイルオキアミ、または地アミ、配合餌と

それぞれ比重が違いますが

この比重と仕掛けが同調していますか

 

針やハリス、道糸など余分なものがついている仕掛けと

フリーで流れていくコマセとの差も計算に入れておかなくてはなりません

 

それと潮だけではなく

他のさまざまな自然条件も加味しなくてはなりません

 

沈めて魚の棚へウキを入れることが目的になってしまい

コマセとサシエサの同調ができているかどうか

ここが重要なポイントです

 

断言はできませんが

もしかしたらコマセの帯よりも

仕掛け(サシエサ)が底へ沈みすぎているのではないかということです

また、竹下ウキはテンションをかけるとさらに沈んでいく特長があるのでなおさらです

 

そしてもうひとつ気になったのがハリスの長さです

1ヒロでは少し短すぎるというイメージがあります

特にテンションがかかるとV字に折れ曲がってしまいます

できればウキを支点にL字または

やはりサシエサがウキよりも下の方に張りができて

先行している状態が理想です

 

このことを考えると

浮力ゼロやマイナスで自然に流すだけが効果があるといったわけではありません

潮やその他の自然条件を考えて

例えば2B浮力のウキに

浮力と同等かまたはそれ以上のガン玉を使って

サシエサに引っ張らせてウキを潜らす方が効果がある場合があります

 

このことも「同調」を一番に考えた結果なのです

 

その他、コマセを入れる位置やタイミングも重要です

とにかくフカセ釣りの基本中の基本は「同調」なのです

 

 

そして、私がマイナスウキをよく使うときは・・・・

これは以外にもベタ凪で潮がほとんど動いていないとき

表層にエサ取りが多いとき

足の速いアジやサバなどのエサ取りが多く最悪のときの奥の手

以上のようなときです

 

私の中では

まずはウキは浮かして使うもの

これが基本だと考えています

 

「基本なくして応用なし」

「迷ったときこそ原点を見つめる」

「迷ったときこそシンプルに」

 

これは釣りだけではなく

日々の生活や人生においてもいえることではないでしょうか

 

 

 

16627 count

コメント(1件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


明確で細やかな、またツボにはまったお答、ありがとうございます!忙しい中本当に申し訳ございませんでした。

「竹下ウキの足の部分に糸オモリを巻いて調整して沈めている」
これは、釣友が教えてくれたものです、ハリスをヤビキ程度とすると不思議とアタリが取れます…ようは、ハリスが長い時はハリスが張れてないんだと痛感しました、そして基本的な事、同調…ですよね〜!深く深く棚に入れば…と期待していた自分が情けないです!高橋氏の天狗ウキの使用時もハリスを短く取るとか聞いた事がありまして…

たしかハリスを長く取るとナジミがよいですよね!?
九州在住の「OC」浮力のウキを使うG杯チャンピオンの方も、ハリスを竿2本?くらい取って釣られるそうですね!しかし私は腕が未熟の為、高切れでウキがなくなるのが心配です!
ハリスを竿1本くらい取る場合は、下側のウキ止めは、針まで3ヒロぐらいでよいのでしょうか?
ブログの中で説明をされている竹下ウキの釣り方をもう一度勉強しなおします!

本当にありがとうございました、濱吉丸さんか松尾丸さんでお会いできることを楽しみに隠岐へ通いたいです!

by 隠岐の島太郎(本土在住!) ( 2010-06-29 21:47:26 )


トラックバック(8件) トラックバックURL:


竹下ウキの沈め釣りについて - Fishing質問コーナー - ブログ小島一文......

miu miu from miu miu ( 2013-04-25 16:53:51 )

竹下ウキの沈め釣りについて - Fishing質問コーナー - ブログ小島一文......

burberry bags from burberry bags ( 2013-04-25 14:42:23 )

竹下ウキの沈め釣りについて - Fishing質問コーナー - ブログ小島一文......

seo tools from seo tools ( 2013-04-25 13:32:28 )

竹下ウキの沈め釣りについて - Fishing質問コーナー - ブログ小島一文......

celine bags from celine bags ( 2013-04-25 09:22:55 )

竹下ウキの沈め釣りについて - Fishing質問コーナー - ブログ小島一文......

mulberry bags from mulberry bags ( 2013-04-25 07:24:43 )

竹下ウキの沈め釣りについて - Fishing質問コーナー - ブログ小島一文......

sac louis vuitton from sac louis vuitton ( 2013-04-24 23:16:44 )

竹下ウキの沈め釣りについて - Fishing質問コーナー - ブログ小島一文......

MExOozII from MExOozII ( 2013-04-24 22:12:11 )

竹下ウキの沈め釣りについて - Fishing質問コーナー - ブログ小島一文......

ランセル 財布 from ランセル 財布 ( 2013-04-24 21:59:10 )


次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2010年6月  >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog