島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2011年7月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2011-07-29 | G1なひとりごと

直径600mの花火ってどんなんだやー


なんだかんだ言っているうちに

7月も最終週ですねー

夏本番というよりも

夏も終盤といった雰囲気です

 

さて、私の地元宍道町では

「れんげ祭」という夏の祇園祭があるんですが

子どものときからこの祭りが楽しみでしてねー

町でも大切なビッグイベントのひとつとして位置づけられています

 

それがー

今年はなんだか変則的な開催になっているんですよねー

 

祭り自体は例年通り26、27、28であったんだそうです

 

そしてイベント関係や花火は

明日の30日(土)にあります

 

そのへんの話はまた後でするとして

 

この辺で花火といえば

松江市の水郷際ですが

宍道の花火もなかなかのものです

約30分間に2,300発の規模は

時間が短いだけで

内容的には水郷際と同等

 

そして今年の目玉は

西日本では過去にもない最大級の花火・・・

直径が600mの大玉を最後に打ち上げる予定なんです

 

これは見ものですねー

 

水郷際は台船から打ち上げる関係で

これほどの大玉は不可能だという話を聞きました

山陰地方で見られるのはここだけだということです

楽しみですねー

 

・・・でも、天気が心配・・・雨の予報です

雨天の場合は31日に順延されるそうです

 

一応・・・花火の日程等は次の通りです


今年は「松江開府400年祭」を記念し、山陰では最大の15号玉を
はじめ、2,300発あまりを打ち上げます。山陰最大、直径600mの
大輪花火をぜひ、ご覧ください。

また、この花火大会に併せ、宍道駅から宍道潜水道路(宍道支所
前)にかけて、各種イベントが開催されます。大人から子供まで
楽しめるイベントが盛りだくさんですので、ご家族や友人お誘い
あわせ、ぜひ、お越しください。


   日  時:7月30日(土)
   花火打ち上げ 20:30〜21:00
   観覧会場:宍道支所前潜水道路

駐車場は

宍道小学校グランド、オーエム製作所、宍道高校

となっています

オーエム、宍道高校からはシャトルバスも運行される予定です

 

 

それでですねー

祭り自体と、イベント(花火)をどういう経過で切り離したんでしょうかねー

その結果、テキヤの屋台がまったく出ていない

さびしいお祭りになってしまいました

祭りといえばテキヤのあの雰囲気がいいのにねー

それを目当てに子どもたちが出て、賑わって

学生たちは久しぶりに同級生などと、出会って

私たちの年代は、お互いに子どもの成長を確認し合ったり

 

祭りの活気が

その地域の今の姿そのものなのです

 

今回の変更によって

その活力がどのように変化するのか心配です

 

たくさんの地元の方々が話し合われて検討された結果ですから

よいイベントになることを祈っていますが

 

テキヤの屋台が出ないことには

子どもたちからは残念な声が上がっていましたよー

私まで「おとうさんなんでだー・・・どうにかしてよー」って

攻め立てられて困りましたもん

 

評価は明日が終わってからですが

ちょっと残念な気持ちでいます

 

13045 count

コメント(2件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


「直径600mの花火ってこんなんだったわね〜。」
拙ブログ→ http://blogs.yahoo.co.jp/keta3izumo/25462900.html

この場所に三脚立てたのは4年連続ですが、人出はかつて最高でした。今まで閑古鳥の鳴いていたこの場所にも沢山のお客さんがきとらいましたからね〜。

お祭りのあり方には、いろんな意見もあるようですが、町の皆さんが更に自主性を持ってされれば、良いかと思います。確かにお店は少なかったですが、かき氷屋さんなんかは、既成の概念から大きくかけ離れた本物志向のもので、うちの子は大喜びでしたよ。

では、月曜日にお話ししましょう。(謎のオバサンより)

by 181まつかぜ ( 2011-07-31 01:11:41 )

確かに…。私たち大人は最早どうでもいいんですが子供は花火よりも夜店が楽しみだったはずです。自分がそうだったように。松江開府400年に絡めたイベントだったり日程変更だったとのこと。しかし宍道町はあくまでも市町村合併により松江市に引っついた町。昔から町民誰もに親しまれ根付いてきたささやかな村の祭りの一大イベントまで巻き込まなくても…。かれこれ20年以上も前、梅雨明けが重なることやらで20日から始まっていた「れんげさん」が26日に変更になったことでもいまだ釈然といないのに・・

by 2094 ( 2011-07-30 00:13:06 )


トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2011年7月  >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog