島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2012年1月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2012-01-23 | 釣り紀行・・・釣行紀

隠岐島前 フジヤ瀬横のグレ釣り


1月18日に隠岐日帰り釣行してきました

代休が残っていたので

海が凪になるのを見計らって取ろうと

温存していたんですが

ついにその日が来ましたねー

 

この時期は

二日間連続で風がやまないと

ウネリが取れないものですが

この日は絶好の釣行日となりました

 

考えはみなさん同じですねー

 

なんと平日にもかかわらず

浜吉丸は満員

40人以上の釣り人で熱気はムンムン

 

船長も・・・

「今日ならどこでもあがれるよー」

エリア内はどこでもOKということで

みなさん期待と気合が入ります

 

7時前には隠岐へ到着

付ける場所は超一級磯ばかり

 

あれだけの人数ですから

人気磯はなかなかキープできないとあきらめていましたが

意外と意外なところが空くもんですよねー

 

いくつか・・・もったいないなー・・・だれも上がらないのかなー

・・・と思うような磯もありました

 

私たちがお願いしたのは

超穴場?

フジヤ瀬には前日からの宿泊の釣り人が

すでに上がっていまして

 

その横の磯

一見、足場がなさそうに見える断崖絶壁ですが

あるんですよねー

足場が・・・

2人の竿出しが可能です

 

それにしても海はベタ凪

ほとんどサラシもない状態

水は澄んでいます・・・・苦戦するかも

 

潮はゆっくりと左から右(フジヤ瀬方向へ)

 

私は最初ハリス2.5号、ウキ下、竿1本でスタート

なーんも反応がないので徐々に深くしていきます

竿2本のところで

じわーっと竹下ウキがゆっくり沈んで行きます・・・アタリです

すると、手のひら大のグレが・・・

 

えー・・・ここでこのサイズー

次はウマズラがヒット

 

狙いはとにかく磯際狙いです

 

すると今度は同行のキチ君にアタリが・・・

まずは大きなカサゴ・・・「これ、うまいがー」

 

キチ君も際狙いの竿3本の深棚ねらい

根魚のボッカが食ってくるはずです

 

すると今度は大きな締め込みがー

 

キチ君・・・幸先よく40ジャストくらいかなー・・・グレをゲットー

そしてまたまた同クラスを連荘

 
(私よりも先に釣ってドヤ顔のキチ君)

やばいなー

ハリスの号数を聞くと2号とのこと

 

まーいいかー・・・そのくらいのハンデはやらー

・・・とちょっと本気モードへ

 

すると私にも確かな手ごたえ・・・来た来た

やはり40ちょいクラスをゲットですー

 

そんなこんなでポツリ、ポツリと30後半から40ちょいを釣ります

ヒットパターンをつかんで・・・さー入れ食いか

と意気込んでも

アタリが出る間合いが長いですねー

 

これも寒グレ釣りの宿命ですかー

 

キチ君に追いつくとまた離され

なかなか手強いですわー

棚がとれると小型の円錐ウキがシモッて行く設定にして

ラインでアタリをとったなんかして

上手に釣られます

 

すると潮が止まって

今度は右から左へ・・・(高崎鼻方向へ)  

 

すると、二人ともまったく魚の反応なし

サシエサがそのまま帰ってきます

 

私は作戦変更

これまで比較的軽い仕掛けで棚を取っていましたが

一気に6B負荷のウキに2B,2B,Bのガン玉を打って

ウキ下を竿3本に設定

ハリスもキチ君と同じ2号へダウン

 

際から少し離して投入し

潮に乗せます

 

すると狙い通りアタリが出ました

おおーちょっと引きがいいぞー

 

本日最長寸の45センチ

 

午後はこの潮が変わらず

アタリは・・・ポツーリ・・・・・・・・・・・・・・・・・ポツーリ

納竿17時までに

45センチから25センチのグレを12尾キープしました

このうち40オーバーは6尾

キチ君もサイズ・数ともに同じくらい釣ったと思います

 

さて、全体的には場所によってムラがあったようです

ポイントによっては

ウマズラや小型のグレの猛攻で

釣れる棚も2ヒロ前後と浅いところも

 

星神島の本エゴでは40オーバーが十数尾 

 

釣果はそれぞれですが

みなさん最高の寒凪、釣り日和を堪能しましたね

 

浜吉の船長さん

ありがとうございました 

 

【タックル】

ロッド:がま磯アテンダー僑隠横-53
リール:リョービメタロイヤル 2000
ライン:東レ、SSサスペンド 3.0号
ハリス:東レ、トヨフロンスーパーL・EX2.5号〜2号
ハリ:がまかつ A1TKO、7号、6号 
ウキ:竹下ウキ14センチ、G3→6B

【エサ】

コマセ

オキアミ生3キロ×2
地アミ4キロ×2
マルキュー:グレパワースペシャル遠投TR+イワシパワーグレ遠投 各1袋

7:00〜17:00で
エサ取りが少なかったので
4分の1余りました

サシエ
マルキュー:くわせオキアミスーパーハード
        オキアミ生、自家製ムキミ

 


 

 

 

 

 

 

 


 


 
 
 
9370 count

コメント(2件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


圧巻です
大型グレの数釣りすばらしいですね
ブログ見てて思うのですが、小島さんと同行される釣師の方は毎回良く釣っておられるように思います
私も同行したいものです
やはり釣りは良い指導者の下で釣れば上手になるのが早いのですか?

by 初めてのがま磯 ( 2012-01-24 17:52:32 )

お疲れ様でした〜〜〜♪

初めてコメント入れさせていただきます♪

寒の時期にしてはクロの釣果良かったですね〜〜おめでとうございます♪
隠岐は魅力あるとこですね〜〜一度は行きたいです♪

私の釣り友拳王さん(関西)も結構隠岐に通っているんですよ〜〜♪
もしも機会がありましたら隠岐遠征するかもですので・・・・

その時には釣り方とかご指導のほど宜しくお願いしますね〜〜〜♪


by 磯遊人 ( 2012-01-24 15:53:09 )


トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2012年1月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog