島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2012年9月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2012-09-27 | 釣り情報や釣りの話題

久々にやりました


26日はG杯グレ隠岐会場予選があり参加しました

 

やりましたー

久々にやりましたよー

 

渡船(グループ)でトップの成績で

総合でも準優勝

 

(A組)ダイキン・・・オイヤ鼻、鯛の鼻、ハギリ周辺
(B組)浜吉丸・・・・大波加、小波加、竹島周辺
(C組)ダイキン・・・スヤ鼻、ドンブカ周辺
(D組)浜吉丸・・・・大森島、松島周辺

※23センチ以上5尾の重量と釣果の中の最長寸

5年?6年?・・・振りの全国大会の出場権を獲得しました

やーよかった

 

地元開催ということもあって

何とかよいイメージの釣りができ

出場権を争う勝負ができそうな内容で

フィニッシュできることをイメージしておりました

 

ここ近年は

もー・・・箸にも棒にも掛からない状態でしたから

 

最高の結果が出て

面目躍如となりました

 

当日の参加者は87人

浜吉丸2艇とダイキン2艇の合計4艇に分乗して七類港を出発

 

ダイキンは三度方面の磯

浜吉は海士方面の磯を目指しました

 

勝負は

A〜Dの4組に22人ずつ(抽選によりC組は21人)分かれて

各組トップが全国大会出場権を得るというものです

 

私はC組に入り

ダイキンの新しい方の船に乗船

「スヤ鼻」から「ドンブカ」までのエリアで競いました

 

当日の釣りの様子は

画像などの準備が出来次第報告しますので

しばらくお待ちください

 

全体の釣果ですが

時期が早いこと

猛暑の影響もあって水温が高いこと

近づく台風の影響もあって東よりの波風が強いこと

 

などなど

あまりプラス材料がないスタートでしたが

どうしてどうして

みなさんガッツリ釣っておられましたよー

 

規定は23センチ以上の5尾で

ほとんどの選手が5尾をそろえていて

 

その中でもいかに良型をそろえるかが勝負の分かれ目

 

特に全国切符がかかったグループトップを勝ち取るには

やはり40センチアップのキープが必要になります

 

今回もまさに

そのあたりが勝負のカギ

 

当初私の予想としては

天気の状況から・・・(東よりの波風が強い)

ダイキンエリア(三度)有利

浜吉丸エリア(海士)不利というものでしたが

 

これはですねー

前日の予報ほど風波が強くなかったこともありますが

 

浜吉丸船長の「釣らせたい」という思いを感じましたねー

 

1船目は大森、松島

2船目は大波加、小波加、竹島を使って

良型を釣らせていたのには驚きました

 

もしかしたら内海を使うかもって・・・

私、思っていたくらいですもん

さすがです

 

それと三度方面は

当初の期待よりも

もう一つ釣果が伸びなかった理由として

 

凪すぎたこと・・・・

 

対照的に海士方面は適度な波風で

サラシができ

グレの食いがよかったのではないかと思います

 

それでも

元々が海士方面はエサ取りが多いエリアなので

G杯を目指す釣り人のレベルの高さも

この釣果が物語っています

 

私も久々の地元開催で

最高の結果が得られて

思い出に残る大会となりました

 

関係者のみなさま

ご苦労様でした

お世話になりました

 

そして、早々に激励のTELやメールを

たくさんの方々からいただきました

 

ありがとうございました

全国大会は12月上旬です

しっかり準備をして

全国制覇目指してがんばります


 
 
 
6997 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2012年9月  >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog