島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2013年2月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2013-02-26 | Fishing質問コーナー

質問:タックルについて(チューブラー穂先、夜釣り用リール)


タックルについての質問をいただいておりました

ありがとうございます

 

回答が遅くなって申し訳ありませんでした

 

ちょこっと遠征へ行っていたものでして

歳のせいか

年々回復が遅くなりまして・・・

 

遠征の様子は

もうしばらくお待ちくださいね

 

さて、質問の内容は

私がかねてから絶賛しておりました

がま磯 スーパーインテッサ 遠征3号について・・・

 

すでに杯盤になっている竿ですが

よい竿をお持ちですねー

この竿は手放さずに一生使っていただきたい竿です

 

私も中古ショップなどで見かけると

ついつい手にとって見るほどです

 

トップの構造は中空穂先・・・チューブラー穂先といいます

ソリッド穂先と比べると感度は落ちますけども

径が1.2mm以上となるので比較的破損しにくいと認識してよいでしょう

 

私はこの竿で

大物フカセ釣りから

「中」程度のタルカゴ仕掛け

12号までの底カゴ仕掛けに対応しています

 

どの程度を遠投と規定するかは難しいところですが

タルカゴ、底カゴともに50〜60mほどの距離はいけています

 

オモリ負荷は

カタログなどに表示してある場合もありますが

これはあくまでも目安であって

実践ではそれぞれ釣り人の

投入の仕方にもよりましょうか

 

12号の底カゴにコマセを入れた状態ですと

かなりの重量になります

この竿で遠投竿のように目いっぱい振り切っては

逆に距離は稼げません

 

仕掛けの重みを体全体で感じながら

ソフトに振り込むことで

十分この距離が稼げますし

ソフトに投げることで

さまざまな仕掛けのトラブルも回避できるものです

 

そして、穂先の径やソリッドかチューブラーかよって

仕掛けで穂先を破損してしまわないかという不安がよぎるものです

 

カゴ仕掛けになると

付属の天秤やタルカゴ、底カゴ、ウキなどが

かなりの体積や重量になりますから

手返しの際などにそれらのタックル類が穂先近くに来ると

穂先を傷めてしまうものです

 

これが原因で穂先を折ってしまうこともありますね

私も何度も経験してきています

 

こういったリスクも考えると

私の場合は

全体の調子は同調子に仕上がり

穂先の感度もほどほどよく

穂先に絡みにくいバランス

そして、ある程度それらのタックル類が

穂先付近でガチャガチャしても安心して使える

チューブラー穂先となるわけです

 

永久保存版となっているスーパーインテッサ遠征3号はもちろん

現在では我武者 3号、4号を気分しだいで使い分けています

 

これと同等のパワーを持ったソリッド穂先の竿といえば

アテンダー 供。押ィ沓宜罎

マスターモデル尾長 XHでしょうか

 

細心の注意を払えば

この竿でもタルカゴの「中」程度の大きさには十分に対応するでしょう

現にクラブのメンバーの中には

これらのソリッド穂先ロッドでタルカゴ仕掛けを使用している仲間もいます

 

しかし私の場合はこれらのソリッド穂先は

フカセ釣りに限定して使用しています

 

今回の男女遠征でもそうでしたが

チューブラー穂先は

かなりハードな使用にも耐えますねー

わずかな時合にトラブル無く釣りまくるには

こういう竿がいいのですねー

 

これは後ほど詳しく報告しますが

今回、我武者4号ですごいことを経験したんですよ

今回は、この経験が唯一最大の成果でしたかねー

 

次に夜釣りでのマダイ釣りなどに使うリールについてですが

私の基本的な考え方としては

リールはワンランク、ツーランク大きいものを使うようにしています

使うラインの太さにもよりましょうが

リールというのはここぞというときに

しっかり巻き取るパワーが必要なのです

それと後は高性能のドラッグ機能ですねー

 

私はレバーブレーキ用リールを一切使いませんので

この機能付きリールのことは詳しく語れませんが

 

S社でいえば6,000番以上

D社でいえば4,500番以上で

ハイスピードよりもパワータイプのものが良いでしょう

 

私の場合は

これもすでに杯盤になっていて残念なのですが

リョービ社製の

メタロイヤル VS 3500ZM (6号150m)

さらに大物釣りになれば

同じくリョービ社の フィッシングサファリ 5000(8号200m)

を使用していますので参考にしてください

2号ロッドであればバランス的には3500でしょうか

 

ギヤが頑丈で巻き上げパワーは最高ですねー

フロントドラッグの性能もハイレベルだと思います

何より耐久性が良いですねー

もう何年もハードに使用していますけども

へたりませんもの

 

特にラインの接点でもある

ラインローラー部の構造が気に入っています

現在はこのような頑丈な構造のものは少ないように思います

 

今でも時々オークションなどで見かけますから

私と同じスタイルであれば

お奨めしたいリールです 

 

参加者募集中

「G1カップ磯チヌ選手権大会」

期日:平成25年4月14日(日曜日)

会場:隠岐島前地区(悪天候の場合は会場を変更する場合があります)

集合場所:松江市美保関町七類港 午前2時集合受付

参加費:3,000円
(渡船料は当日、実費分を別途徴収いたします。約13,000円)

申し込み方法など詳細はこちらをご覧ください
「G1カップ大会要項」

問い合わせ・資料請求はこちらへ

g1kkgtm@gmail.com

 

14318 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2013年2月  >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog