島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


  今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2014年11月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2014-11-27 | 釣り情報や釣りの話題

気持ちにまかせて過ごした結果・・・


大社町の鵜峠「白島」の立ち入り禁止について
質問をいただきました

私もこのシーズン
まだ現地に立ち寄っていない状況ですが
釣友からの情報で

「全面立ち入り禁止」という認識でおります


さて、先週の3連休は比較的穏やかで
海も・・・比較的・・・凪だったでしょうか

みなさんの釣果はいかがでしたか

このような状況でしたけども
私はですねー
海に行かれなかったというよりも
行かなかったですよー

珍しいこともあるものですねー

ほんと

初日は久しぶりに
末娘の野球観戦があり県外へ

そのほかは
特に体調が悪いとかではなかったのですが

なんとなく気持ちにまかせて過ごした結果が
そんなんだったってことです

予約を受けている
ドクロの制作が
少々はかどりましたかねー

5043 count

コメント(2件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


先日の講習会の際はありがとうございました。
三連休は知夫に帰り、二日間釣りしてきました!
初日は西磯の大江、二日目は沖ノ島、神島に上がりましたが、海の中はまだまだ初秋でした。
大江では木端が猛烈に多く、沖ノ島、神島はウマズラ・タカベ・スズメダイが非常に多くグレの棚は深かったです。
二日とも良型狙いに徹したのですがMAX38と不完全燃焼でした。
30クラスはかなりの数でました。
このところ潮もふらついて安定しない日が多く、日ムラ・場所ムラが大きいように感じました!
二日目はグレのタナが1ヒロ〜5ヒロの間でかなりコロコロ変わりました。
また最近は、沖磯よりも地方寄りの磯が安定した釣果が出ているように感じます。
この日も西磯のあまり人の上がらない奥まったポイントで良型が何枚か釣れていました。
今週の寒波で水温が下がり、安定すれば面白くなると思います。
今週末も帰る予定なのでまた竿を出したいと思います。

by しまんちゅ ( 2014-12-01 12:59:29 )

ありがとうございました

by ニックネーム ( 2014-11-27 16:35:57 )


トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2014年11月  >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog