島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2014年12月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2014-12-31 | 釣り紀行・・・釣行紀

ようやく隠岐へ・・・大森の東


12月27日
待ちに待った隠岐釣行

久しぶりに天気が安定して
行ってきましたよー

ちょうど土、日の組み合わせもよく
今回の年末年始は
長い人で9連休

しかし
大晦日から元旦には
また、大型の寒波が来るって言っていますから

ここは少々優先順位をつけてでも
行っておきたいところです




浜吉丸には
同じように
待ちに待った釣り人たちで
大賑わい

私はメンバーの塚ちゃんと
大森の舟島を目指しましたが

まだうねりが高いですねー



島は水没していましてNGとなりました

それでも船長の計らいで
「午後から行けるかもしれませんから 
 とりあえずは近くの磯へ・・・」


ってことで
大森の東の鼻から少し南に寄ったあたり



釣り始めると
すぐにアタリです



これはキープできませんねー
小型のグレがすぐに食いついてきます



ここはゴロタ石が多く
水深はせいぜい3ー4mといったところでしょうか

魚影は濃いところですが・・・




それでも
25センチー30センチが
たまーに





キープサイズはごくわずか

釣ってはリリースの繰り返しです


仕掛けは
ハリス2ヒロの完全フカセ

ウキ止めなしで
ラインに程よいテンションをかけて
待っていると

ラインをススーッとひったくっていきます


おおー
今度はデカイぞ


なにせ水深が浅いので
すぐに根に張り付きます

少し緩めて待っていると

出てきた出てきたー


40センチ・・・ジャストー


すると船長から電話がー

「舟島どうですかー」

さすが船長

うねりも落ちて
なんとかいけそうです




潮は北方向に
そして適度な払い出し

いい感じなんですけどー


ここはマダイ、ヒラマサのカゴ釣り場

しかしですねー
一箇所だけグレがいいんですよ

しかも型がいい

これを狙っていたんですがねー




それがー・・・

大失敗

読みは大外れ

塚ちゃんごめんねー


全く魚っけがなくて

棚を入れても入れても
釣果はベラのみ

本命の反応はありませんでしたー



結局釣果は
大森東の
40センチグレ1尾に
25センチ以上を10枚ほど持って帰りました

この日は
午前中はうねりが高くて

西ノ島の東国賀方面には
まだ立てず

大森の北方面で
グレの好釣果があったようです

松島には小アジの群れも・・・

それでも
イワシの群れを追って
大ダイやスズキが回り

打ち上げられたイワシを餌に
これらを大釣りしたグループがあったようです

私は日帰りで帰りましたが

塚ちゃんは宿に入って
次の日は東国賀へ

秋に好調だった「鼻津島」で
良型を含めて数が楽しめたそうです

フジヤ瀬、高崎方面でも48センチを頭に
40オーバーもボツボツ


それでも小型グレが多かったようです

まだまだこれからですねー


【当日の仕掛け】
がま磯 アテンダー2 1.5−53
小型スピニングリール
東レ銀鱗 SSサスペンド 2.5号
東レ トヨフロン スーパーL ・EXハイパー 1.7号〜2.5号
がまかつ テクノ グレ 6号〜7号、ナノグレ 6号〜7号
竹下ウキ 12センチ 0号
タナは2ヒロ〜(大森東)

【当日のコマセ】
オキアミ生3キロ×2
地アミ2キロ×2
マルキュー イワシパワーグレ スペシャル×2


  


配合エサと混ぜないオキアミ生3キロとボイル3キロ

【サシエサ】
マルキュー くわせオキアミ スーパーハード L
              V9 L
オキアミ 生
オキアミ ボイル


私は28日から知夫に向かいました


報告は年明けになりそうです

今年もたくさんのコメントや
応援を頂きありがとうございました

なんとかこのブログも
続けることができました

ありがとうございます

皆様よいお年をお迎えください



6428 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2014年12月  >>
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog