島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2014年1月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2014-01-24 | 釣り紀行・・・釣行紀

GFG中国本部グレ・・・日振島


1月19日
GFG中国本部グレ釣り懇親大会が
宇和島市 日振島であり参加しました

前日の宿毛から移動しての
連続釣行です

メンバーら3人は日帰りで帰って行きましたが
ヤママサと2人が残って参加

当日はメンバーの塚ちゃんら
たくさんの島根会員も参加がありました

途中、積雪、吹雪で大変だったようですけどもね



渡船を予約している
浜崎渡船で仮眠をとったんですが
前日夜はものすごい風でねー

大会開催も危ぶまれましたが
回復するという予報のため
船長からもokが出たそうですよ

それでも出港時間を30分遅らせてのスタート

私はいわゆるウラ磯コースに入り
「アコウの1番」という磯に上がりました

この周辺は潮次第では
良型が数釣れるポイント

北風をもろに受けながらの釣りですが
少々波気がある時の方が
釣果がよいと・・・船長さん

かなり、かなり期待しての竿出しでしたが・・・

ダメなんですよー

まず近距離から攻めるんですが
グレのアタリなし

ベラ、キタマクラ、オセンが多いですねー

そして遠投タイプのウキに交換して
沖目を狙います

すると今度はアジですよ
これは厄介ですわー

ウキ下も3ヒロ〜はじめて
1ヒロまで浅く釣りますが
やっとの思いでグレとおもったら・・・

これが30センチにも満たない

あららー

考えられる手を尽くしましたが
結局は
沖にアジ
手前はベラ、キタマクラ

参りました

ここでこんなんだったら
みんなも苦戦しているだろうと思いきや

おいおい
どうなんてるのー

検量所には
良型のグレが続々と運ばれてきます

優勝はオモテ磯の名礁「7番」に上がった会員さん
5尾で7キロ超
40クラスが二桁?
数も釣っていましたねー

そしてもう一人7キロ超が・・・・
これは私の隣の隣の磯
「大崎の地」からの釣果
ここも数も釣ってましたねー

そして隣の会員さんは5キロ超

一つ奥隣に入ったヤママサも
40センチオーバーを4尾釣って4キロ超
一緒に上がった会員さんも4キロ超


上位3位のみなさん



自信喪失・・・完敗でした

何が悪かったんでしょうか
たまたま一人磯になって
他の方の釣りが参考になりませんでしたのでねー

どーも日振の釣りを忘れてしまったのか
昔のやり方が通用しなくなっているのか
反省しきりの釣行でした

それでもですねー
開催自体が危ぶまれている中
最後まで釣りを楽しむことができました

船長さん
役員のみなさん
ありがとうございました

【タックル】

ロッド:がま磯 アテンダー2 1.25号-53
リール:リョービメタロイヤルZM 2000
ライン:東レ、SSサスペンド 2号
ハリス:東レ、トヨフロンスーパーL・EX2.0〜1.5号
ハリ:がまかつ テクノグレ 6号〜7号 
ウキ:竹下ウキ12センチ、G5〜00、コジマSP

【エサ】

コマセ

オキアミ生3キロ×2
地アミ4キロ
マルキュー:遠投ふかせスペシャル×2

 



サシエサ

マルキュー くわせオキアミスーパーハード
オキアミボイル
オキアミ生
自家製むき身

 

























7041 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2014年1月  >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog