島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2014年5月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2014-05-29 | 釣り情報や釣りの話題

申込なしで・・・OKです


このブログ上ではないんですが
ご案内した講演会について
問い合わせをいただきました




「事前申し込みは必要なんですか?」

という質問です


申込は必要ありません

直接、会場にお越しください
一応、受付はあるみたいです

講演は14:00からスタートですが
開場は13:30からですので
早めに来ていい席を確保してくださいね

今回、100席確保できる会場を借りていただいておりまして
私にとっては十分すぎるほどの規模でございます

よろしくお願いします
9167 count

コメント(1件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


こんにちは!何時も楽しく拝見しております。さて、今回は皆生の釣りでのアドバイスがとても役に立ちました!先日、兵庫県家島諸島に大会があり参加した際、事前情報などを考慮して3ヒロ前後を軽い仕掛けで釣っていましたが、チヌからのコンタクトがなく焦っていましたが、ふっとあのアドバイスを思い出し、底狙いするため思い切って仕掛けを重たいものに替えた第1投目になんと!!43cmが釣れ、その後すぐ42cmを1枚GETすることが出来、初家島でボーズを免れました。しかし、しばらくしてそのパターンが通用しなくなり、上潮がかなり滑り私の未熟さを痛感いたしました。今思えば、チヌが浮いていたかな?と同礁した方と話ていましたが、後悔先に立たずでした。そこで質問です、狙いの棚を変更するタイミング、釣り方等、また、段シズのメリット・デメリットをグレ・チヌに関して小島名人にアドバイスを頂ければ、今後の糧になりますので、いろいろ質問いたしましたがよろしくお願い致します。

by グレバカ ( 2014-06-02 07:23:09 )


トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2014年5月  >>
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog