島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2015年10月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2015-10-28 | Fishing質問コーナー

質問:ボイルの残りはどうするの?


ボイルオキアミが釣り場で余った場合は
どうしているの?

このような質問をいただきました
ありがとうございました

回答が遅くなってしまって
申し訳ありません

配合エサやパン粉などを混ぜたもの
臭いがして傷みが激しいもの
以上のものは処分してしまいます

それ以外のものは持ち帰って
再冷凍などして保存し
次の釣行に使用しています

解凍して水分が抜けた状態で
そのまま再冷凍した場合に
次に解凍した時には比重が軽くなってしまって
海面に浮いて使い物になりません
(わざとに浮かせて使用する場合もあるが・・・)

ましてやサシエサにはまず使えませんねー

そこで私の場合は
ステンレスの容器に余ったボイルを入れて
5%程度の食塩水で浸して再冷凍します

こうしておけば
次の釣行時に
鮮度と比重が保たれた状態で使用できるのです

また、余ったエサの中に
大粒で良質なものがあれば
小分けに選別して
マルキューの「漬け込みにこれだ(ハード)」に
漬けた状態で小型の容器に入れ冷凍保存しておきます

これはサシエサとして有効です

今シーズンもこの漬けこんだサシエサで
けっこう実績が上がりましたので
参考にしてみてください

5324 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2015年10月  >>
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog