島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2015年9月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2015-09-30 | 釣り情報や釣りの話題

次回、G1フィッシング講座開催決定


9月最終日でございます
残暑らしい残暑もなく
秋ってほどでもないけど
やっぱり秋めいてきましたかねー
今朝は寒いくらいでした

さて、最近ブログ更新ができなくて・・・・

鮎は不本意なシーズンをすでに終え

大物記録に沸いている
大社方面のヒラマサ狙いには
足しげく通ってはいるんですが
記録物はアタリすらない状況です

タイムラグがかなりありますが
釣行内容もも
ボチボチ報告していきますね

そして次回
「G1フィッシング講座」
主催者の建設業興業タイムスさんのGOサインがありまして
開催が決定しました

日時:平成27年11月11日(水)19:00〜
場所:まつえテルサ 4F 大会議室

偶然ですけども
日にちが「1」のゾロ目ですねー
なんかいい感じ

今回もがんばっていきましょう

今回のテーマは
まだまだ構想中ですが

フカセ釣りについては
たくさんの名人さんが
いろいろな媒体で紹介されています

教科書になるものがいくつもあるわけなんですが

やっぱりねー
タルカゴの釣りとなると
山陰地方独特のモノなんですよねー

そういったことも考えながら
これまで「やるやる」といって
結局時間がなくてそこまで行き着かなかったテーマ

「とりこみ」「やりとり」
これがいいかなーって

それと
これも
いつも
時間がなくて
みなさんの質問にお答えしきれないんですが

今回はですねー
事前にこのブログに質問などしていただいて
当日に解説していくなど
みなさまの求めに応じた内容に
仕上げていきたいと考えています

ヒラマサ釣りの画像も準備したいと思います

ぜひみなさん参加してくださいね

一緒に学んでいきましょう!
5518 count

コメント(2件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


たけぞう さんへ

ご意見ありがとうございます
土日開催については
検討してみますね。

初回以降は平日夜間の開催が続きましたので
次次回は来年の開催になろうかと思いますが
要望にお応えできるように
主催者とも相談してみます。

今後ともよろしくお願いします❗

by G1 ( 2015-10-09 01:05:16 )

いつも拝見しています。
第1回参加させていただきましたが、単身赴任中につき週末しか参加出来ません。
帰省したら高1の長男と磯釣りを楽しんでおります。
週半ばの開催は単身赴任中の者には参加が難しいことから、是非週末の開催をご検討いただきたいです。
よろしくお願いします。

by たけぞう ( 2015-09-30 19:50:09 )


トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2015年9月  >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog