島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2016年1月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2016-01-21 | 釣り情報や釣りの話題

名人は左脳、右脳をバランスよく使い分けている


海は大時化ですねー
今日は少し穏やかになりましたが
今週末にはさらに強い寒波が襲ってくるという予報です

無理はせずに
凪になるのを待ちましょう

19日火曜日でしたかねー
釣友が日御碕沖のともしまの様子を
画像でアップしていましてね

西よりの暴風だったんですが
波高予報が8mですよ

あのともしまがどっぷり波に覆われて
ドーンとあたった波が
白い波柱になって盛り上がっていました

すごかったですねー




さて、昨日は
チヌ派、グレ派の話でしたが

みなさんはどのように感じられましたかねー

左脳の釣り
右脳の釣りの表現もしましたけども

釣りというのは
本当にすごい趣味だと思うんですねー

それは
どの釣りであっても
左脳、右脳、両方を駆使しているんですよ

わたしの表現としては
どちらかというと
チヌ釣りは左脳の方をよく使い
逆にグレの方は右脳の方をよく使う

そういうイメージなのですよ

このどちらが欠けていても
よくないと思います

よく釣る人
釣りがうまい人
名人と呼ばれる人

そういう人はですねー
場面場面でうまく
左脳と右脳をバランスよく使い分けているとも言えますね

わたしは自分ではですねー
直感的で
感じたら後先考えずに
直ぐに行動に移すタイプで
思ったことは直ぐに口にしてしまう

何かと失敗することも多いですけどもね
自己診断では右脳タイプだと・・・・

ですからね
どちらかというと
チヌよりはグレの方が得意かな・・・

と自分では思っているんですよ
5487 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2016年1月  >>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog