島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2016年2月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2016-02-17 | 釣り情報や釣りの話題

32ミリ径の秘密


ここへ来てまた冬型の天気で寒いですねー
海も時化模様です

さて、12日の隠岐情報をコメントいただくなど
情報提供ありがとうございました

そうですよねー
場所にもよりますでしょうが
渋いんです

答えが出せないまま
納竿時間をむかえて
悔しい思いをされた方も多かったと思います

紙一重のところで
大きく釣果を分けてしまうような・・・

そんな状況だったと思います


この2回の釣行で
わたしが主に使用して
最も釣果を上げたウキですが



上段が
14センチ、32ミリ径、3B×2個程度の浮力(表示は6B)

中段が
14センチ、32ミリ径、000と表示していますが
真水ではゆっくり沈んでいきます
海水ではトップが全部水没した状態で止まっています

下段は比較参考としてでして
14センチで 竹下ウキの標準的な径で
24ミリ程度のものです

あくまでも私の釣りイメージですが
最近の隠岐での2回の釣行で

この32ミリ径の竹下ウキが活躍したんですねー

わたしの中では
このウキがなかったら答えが導き出せなかったかもしれません

一見、径が太すぎて感度も悪そうですけども
この太さに「食わせ」の秘密があるんです

潮の流れよりも
風、波、ウネリ、サラシ
これらの影響を強く受けることの多い
ここ山陰地方のグレ釣りにおいて

ウキを起点とした
釣りイメージが大切なんですね

詳しくは
なかなかここで表現しきれないので
また講座などの機会があったら
紹介していきたいと思いますけども

32ミリ径はかなりデカいですよ
あんまり見かけませんでしょう

この違いは
海でですねー
あーで、こーでって
やってみるとおもしろいですがねー

潮へのなじみというか
潮をカムというか
ナビゲートするというか

それと風、波、サラシ、ウネリによる
ラインの影響を
ウキが起点となって消してくれるというかですねー

それと
強い風にも負けない
遠投性とコントロール性

6Bと000とでは
使用イメージは全然違いますけども

この径でなくてはならない理由があって
その使いこなしで
釣りを組み立てていくんです

わたしも今回の釣行で
新しい発見もあり
勉強になったことも多々ありました

生涯学び続けるところに
釣りのおもしろさがありますね

竹下ウキのお求めは
大田市の林釣具店へ
http://store.shopping.yahoo.co.jp/vanguard/






















6147 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2016年2月  >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 1 2 3 4 5

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog