島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2017-12-08 | NEW・G1フィッシング

ヒラマサ釣りのアワセは?


大時化ですねー
山陰地方の沿岸部は波高4m〜5mの予報が出ています
気圧配置も冬型になっており
ちらちら雪も降っています

まだ積もるほどではないですが
山間部は今夜あたりは積雪もありましょうか

寒いです

さて、次のような質問をいただきました
 
「タルカゴの投入を休みなく繰り返していると、11時くらいに突然うきが消し込まれました。とっさにリールのベールをオープンからシャットにしてアワセを入れると、相当な重量感でしたが、一瞬で軽くなりました。アワセ切れです。
ハリスとサルカンの結び目から切れていました。
8号の道糸に8号のハリスです。
アワセに関してアドバイスをいただけませんでしょうか。」

釣行の報告をいただくなかで
以上のような質問をいただきました

ありがとうございます

まず、アワセの前に
結び目というのは
仕掛けのトータルななかで
弱点となるところですから
正しい結び方と共に
丁寧に仕上げて
常に点検が必要です

フグやカワハギなどに
かじられる箇所でもありますから
常に気を配る必要があります

さて、本題に移りますね

わたしの場合のアワセは
どの釣りも同じですが
アクション自体は小さい方だと思います

要は針を魚の口にしっかり
フッキングすることを考えたときに

ラインのフケ具合や
ラインの伸び具合などを考慮しながら
ガッチっといけばいいわけですよ
ガチッとね

ですからまずは
アタリがでてからどこのタイミングで
アクションを掛けるかを重視しています

ある程度魚の方に走らせて
ラインのフケがとれ
ガチッときまるタイミングみたいなものが
あるんですよ

次に
ラインが走った方向を確認し
走った反対方向に
なるべく低い角度にアクションを
起こすようにしています

これはなるべく口の固くて
外れにくい箇所に掛けるためと
さらに走り出したときに
なるべく魚を潜らせないためです

そして、ガッチ、ガッチと小さくですが
ほんの一瞬、間をおいて2回アワセます

ここで注意すべき点は
大きく後ろへのけぞるほどのアクションはしません

これは次のやり取りに備えるためです
リールを巻くのか
ドラッグでラインを出すのか
ベールをオープンにして出すのか
止めて、ためて、たえるのか
竿の角度はどうか

捕れるか捕れないかは
ここからが勝負です

どこに針が掛かっていたか確認しておくことも次につながります
1444 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年12月  >>
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog