島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2017年1月のエントリー



    2017-01-11 | Fishing質問コーナー

タルカゴのボイルエサについて


G1フィッシング講座のポスターが仕上がりました
今回はこんな感じです




どなたでも気軽に参加していただけるよう
駐車場があって
JR駅の近くの会場です
高速の宍道ICからも近いです

事前申込みも必要ありませんし
参加費はなし

釣りを一緒に学ぼうと言う方であれば
どなたでも参加🆗‼です

さて、タルカゴ釣りのエサについて
質問をいただきました
ありがとうございます。

おっしゃられる通り
G1もタルに入れて撒くエサと
サシエサにするエサが同じであることが理想で
ベストであると考えています

マダイ狙いの場合はさほど感じませんが
ヒラマサ狙いの場合は
マキエとサシエが同質の方がよいと思います

しかし
G1の実際の釣りは
なかなか理想通りとはいきません

そうですね
ボイルエサは値段も高いですねー
だんだん粒も小さくなって
価格も高騰傾向にあります

理想は理想として
G1もマキエには
なるべく安価なものを購入し使っています

サシエサは大粒で店で一番良質なものを購入し
8等分に小分けして
サシエサ専用として使用しています

セコイと思われるかもしれませんが
G1の実際の釣りはこういう状況です

それでも
お金をかけない部分の
仕掛けの工夫や
ポイント選び
釣り方の工夫やイメージなど
自分が成るなりの
研究や努力が釣果を伸ばすのだと
信じて取り組むことが大切だと思っています

今回のような率直な質問はいいですねー
こういう質問が来ると
G1は嬉しくてテンションUPです

こういう方々が応援してくださるから
このブログも
なんとかかんとか続けてこられたのかなーっと
感じているところです

モチベーションになっています
ありがとうございました

G1フィッシング講座にも
お待ちしておりますので
いろいろ質問してくださいね

G1が出来る限りの
お話をさせていただきます

どーしても
文章では伝えきらないこともありますから
みなさんにお会いできるのを
G1も楽しみにしています


6700 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年1月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog