島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2017-05-29 | Fishing質問コーナー

質問:ヒラマサ釣りのハリスについて


ヒラマサ釣りのハリスについて
次のような質問をいただきました

ありがとうございます

質問内容は次のようなものです

「私は最近タルカゴによるヒラマサ釣りに夢中になってます。

そこで質問なのですが、
年間何回かデカイヒラマサが掛かるのですが
いつもハリスを切られてしまいます。
いつも使用しているハリスは6号が基本でやってますが、
60兪宛紊漏擇房茲譴泙垢、
70僂80僂離劵薀泪気呂覆なか運が良くないと取れません。

たまにハリス7号やら8号をつけますが、
どうしても隣の人のハリスが細いと
そちらばかりに当たりがあります。
6号ハリスと8号ハリスでは
こんなにも違うのかと感じているところです!

そこでいつもヒラマサ釣りには太ハリスを使われる
小島様になにか太ハリスでも
ヒラマサを食わせるやり方だったり
方法はあるのかお尋ねしたいです!

今年の秋にはどうにか夢の80僖劵薀泪気鮗茲襪燭瓩
小島様の考え方を教えて下さい!」


いい質問=難しい質問
でもありますね

ラインは太い方が
大物とのやり取りにおいて
釣り人側に有利なことは
言うまでもありません

しかし
よりライン(ハリス)が細い方が
魚の食いがよいかどうかについては
永遠のテーマで
永遠の議論と言ってもよいでしょう

ここでG1が考えるのは
ウキ上物釣りにおいて
マキエとサシエを同調させることが
より釣果を向上させるという
基本中の基本であるとすれば

サシエがマキエと限りなく近い方が
食いがよいというのは必然的なことでもありますね

この事を念頭に置けば
やはり
ハリ、ハリス、道糸など
タックル類は
より小さく
より細く
考えていくことが
サシエをより自然な状態にすることは
分かりきっていることなんです

さて、ここからですよね

釣り人の知恵と工夫と努力と
そして挑戦はですね

それぞれの価値観と楽しみ方がある
趣味の釣りのことですから
何が正解で
何が不正解ということはないんですがね

細糸で食わせて
巧みなやり取りで大物を取り込む

そうした技術を身に付けた釣りをよいとする考え方と

太糸でも食わせる技術や努力を駆使し
釣り人有利な状況を作り出して
大型を取り込む確率を上げる釣りを
よいとする考え方

それぞの複合型で攻めていく人
それぞれでいいんです

前置きが長くなりましたが
賢いヒラマサにおいては
その特性から
いろいろなことを考えてやっています


まず第一に
太ハリスとハリの結びですね

講座などでは
特にこの事をお伝えしようと
まずは結び方とその手順ですね

次には仕上がり
これが重要なのですけども

次回のG1フィッシング講座では
参加者のみなさんにも
実際にやってもらって
この講座で完璧にマスターして
帰ってもらおうと考えています

それから
G1トーナメントクラブでは
創立20周年を記念して
ヒラマサ釣りで「実釣講習会」を企画中です

ここでもみっちりやりたいと思っています

例えばですね
7号以上のフロロカーボンハリスを
12号程度のハリに結んだ場合にですね

うちのメンバーでも
どれだけが合格点がもらえるでしょうかね

そのくらいこだわっているわけです

ヒラマサとの接点ですからね

特にヒラマサは異物に敏感ですから

だからなんですよ
細仕掛けに食いがいいのは

G1の考えでは
ハリスが太いから魚に見えていて
警戒して食わないのではなく

異物感

なにがしら
ハリスやハリや
はたまた結び目のコブや

そういうものが鼻先や口回りに触れることで
警戒していると考えています

これを最小限にする工夫を日夜研究しているわけです

次にこれを
どう操作してより自然に操るか

いかにマキエとサシエの関係を良好なものに
していくかなんですよ

これもね
相手が自然となると
二度と同じ条件はないわけでして
奥が深いんですよねー

とてもこの場で
文章表現だけでは尽くせないわけでして

そういう意味でも
皆様にご理解をいただき
支援もいただきながら
講座などで

G1も包み隠さず
精一杯ですね
共に学んでいきたいと考えています

具体的な回答にならなくて申し訳ないですが
ご機会やご縁があったら
講座などへも足をお運びくださいね


釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! 

gtmuki@yahoo.co.jp


1587 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年5月  >>
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog