島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2017-08-02 | G1なひとりごと

ヒラ、アユがダメなら


息子はですね
先週が会社の取り組みもあって長期休暇中

私が平日休みが取れないので
なかなか釣りにも行かれないし

すると夕食後いきなり
「エビとりにでも行ってみるかー」と
珍しく息子の方から誘ってきました

最近は
私一人では
なかなか腰が重たくなっていたところです

ほんじゃー出てみるかー

するといましたねー
モロゲエビ(ヨシエビ)、手長エビ
息子も上手に捕るようになりましたわ

それでもまだまだ負けるわけにはいきません

誘われてやりだすと
狩猟本能にスイッチが入りましてねー

かるーく
ダブルスコアでひねっておきました

そして
とったエビでウナギの仕掛けを入れると

近年大繁殖している
藻に大苦戦しながらも
良型がとれましたよ




大漁のエビは素揚げにしてもいただきました

うまいねー

そしてですねー
いまや日本一の天然モノと
料理人からの評価も高い宍道湖産のウナギは

丼にして食べましたよー
もちろん最高です

エサのエビ取りから
仕掛けをこしらえ
狙ったポイントを設定して
そこへ仕掛けて
そして回収して

きたきたーと取り込む



このプロセスが面白いですねー


そして丁寧に扱って
おいしくいただく

我がふるさとは最高だわ

息子も黙っていますけども
そう思ってるはずです



近くの川では
スッポンもとれました

絶滅が危惧されている
日本固有の「イシガメ」も元気でしたよ




最高に楽しかったけど
ここのところの仕事の忙しさと
猛暑で

初老はちーとくたびれましたー

一人ではなんとなく腰が重たく

息子が
もう一度帰ってくれるといいですがねー

その頃には
大社の磯も
ヒラマサのスイッチが入っているかな?



2144 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年8月  >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog