島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2017-07-23 | Fishing質問コーナー

質問:フリーでラインを出したとき、次に止めるタイミングは


先日のG1フィッシング講座に参加していただいた方から
早速、質問がありました

講座当日もですねー
これはいつものことなんですが
時間がすぐにたってしまって

みなさんの質問を
受けきらないまま
会場の都合で終わらざるを得ない状況です

会場がエンドレスなら
たぶん熱心な参加者さんは
そのまま徹夜してでも
話はつきないと思いますねー

そんな熱気がいつも伝わってきます

ほんとうにありがとうございます

さて、質問の内容は
次の通りです
 
 
「フリーで走らした時の止めるタイミングはいつなのかということです。 
置き竿にしていたり、このタックルでは止めれないと判断した時に 
フリーにして走らせることがあるのですが、毎回ある程度走られると
これ以上出しては瀬に回られるとか底に持っていかれると焦ってしまって
走りがあまり落ちてない時に止めにかかって大概はバラしてしまいます。
小島さんはどんなタイミングで走りを止めにいく のですか。」


ここでラインを出す理由を考えてみます

…爐蠖預Δ梁寮を整える(時間稼ぎ)
魚を一旦沖に走らせ手前の根を交わす

これが私が考えるところの
理由です

フリーで抵抗なくラインを出すと
比較的早く魚が止まるという説もありますが

これはあくまでも
フリーでラインを出すまでの
対応にもよると考えています

できる限り
ギリギリのところまで耐えておいて
できればひとひねりを加えて
魚が逃げる方向を
少しでも変えながら

パッとフリーにできればベストです

こうすることで魚にも不意をつかせ
比較的早く止まるように思います

そして
ラインを止めて
リールのベールをおこすタイミングですが

上の二つの目的が
最低限達すれば
なるべく早く止めに行った方がよいように思います

そしてオープンベールのまま
ラインを止めて
もう一度ギリギリまでためてみるんです

このときまだ勢いがおさまりそうになければ
再び押さえていたラインを放して
フリーで走らせます

この繰り返しです
このときもできる限りギリギリまで我慢し
ひねりを加えて方向を変えることがベストです

この繰り返しで
魚はかなりのダメージを受けるはずです

私の認識では
完全に走りが止まってからでは
魚の方に軍配が上がってしまう確率が
高いように思います

これも感覚的な回答でしかないので
どんどん経験してみて
自分流の「型」を早く見つけることが
キモとなります 

1321 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年8月  >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog