島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2017-07-19 | 釣り情報や釣りの話題

GFGアユ釣り大会


連日蒸し暑い日が続いていますねー

各地で集中豪雨、雷雨があり
甚大な被害が出た地域もありますね

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると共に
被災地の1日も早い復興を願っております

職場でも被災地に向けた
義援金箱を設置させていただきました


本日午前中には
山陰地方も梅雨明け宣言しましたね

えらいもので
気温は高いものの
蒸し暑さが少し和らぎ
風が爽やかに感じた朝でした



さてさて
磯釣りかと思ったら
シーズンのアユ釣りも・・・

16日はGFG中国本部のアユ釣り大会に
参加してきました

江の川の作木村が会場です
このエリアでの釣りは何年振りだろー
久々でなんだか懐かしさも

この水量といい
押しの強さといい
スケールが大きいですねー

支流や小川とは違う魅力がありますね

私は大好きなナメラ瀬の下段へ
貸しきり状態の独り舞台


正午集合までに
劣り込みで20尾の釣果でした

10尾はバラシたかなー

本流は本流専用のタックルで挑まなければなりませんねー

やー楽しかったー


表彰と焼肉後に
もう一度川に入りたいところでしたが


この日は地元のお祭りに招待を受けていて
後ろ髪を引かれる思いで早めの帰宅となりました

江の川は日券が2日間有効ということで
祝日にも向かおうと思いましたが

この日はかなりの強風と
久々の本流の釣りで疲れもあって

家でごろごろ過ぎしました

ちょっと
本流用の仕掛けもこしらえましたよ



こちらの参加も
お待ちしています❗

862 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年8月  >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog