島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2018-12-06 | NEW・G1フィッシング

こんな暖かい12月って


お久しぶりです

元気です


さて12月になったというのに
気温が高いですねー

こんなに暖かい12月が
過去にあったかなー

それでも海のシケ模様は例年並みでしょうか
この時期になると
なかなか磯回りには近づけない日が多くなります

隠岐島前まわりは
渡れさえすれば風裏はありますから
大物の便りも多く寄せられていますねー

イワシの群れの接岸で
それを追って大物も接岸中だとか

日本海は例年以上に活気があります


さて、先週末は
国宝 松江城マラソンが
フルマラソンとして初めて開催されました

全国各地から5012人の参加があったそうですから
初回にしてはすごい参加人数だと思います

わたしも
職場の方が参加されるということで
応援に行きましたよ

大規模な交通規制もありますから
どの辺りからがよいかなーと
いろいろ思案しましたけども

八束町がいいかなーっと

ちょうど中間点あたりで
早いランナーがバラけるころです

そして狙いは的中
お目当てのランナーを見つけて
大声援をおくることができました

それにしても前の方で来たなー
3時間代で完走するペースです
すごいわ




しばらく他の参加者にも声援をおくって
後半の大集団には
規制で停車中の車窓から声援を送りました


当日は晴天で風もなく
穏やかなマラソン日和でした

ちょっと気温が高すぎて
きつかったのかもしれません

中心市街地から城のお堀や
中山間の山並み
中海の水辺といった変化に富んだ景観は
全国のランナーに好評だったようです

そして松江ならではのおもてなしに
感動された方も多かったと聞きます

こりゃー
ますますよいマラソン大会に
成長していく期待大ですね

観光の目玉にも一役買いそうです

今週末はどうやら大シケです
暖かかった天気は一変して
今シーズン最初の寒波が襲来しそうです

日本海はご機嫌ななめで
釣りの方はお休みですねー

こういうときは
タックル類を点検するなど
次の釣行に研ぎ清ませておきましょうか

今朝の瑞風歓迎は
幼保園の子どもたちと
クリスマスバージョンでお出迎え
1281 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2018年12月  >>
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog