島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー


    2008-03-02 | 女子野球

背番号6(少年野球)


一番下の子どもが所属する野球チームが
今年初めての練習試合をした

今年は新6年生で最上級生
前日には監督から背番号6を渡されて喜んでいた
昨年は背番号4でセカンドのレギュラーだったが
今日は1試合目ショート、2試合目はサードを守った

なにせ子どもが少ないから
一応背番号はあるけど
だれがどこをやるのかは
当日の顔ぶれ次第だ
今試合に出られる子は
11人しかいなのだ。
新入団員も入ったがまだ2年生で
もう少し練習が必要だ

 
3月になったとはいえまだまだ寒い
その上、前日に降った雨がグランドにたまっていたので
まずはスポンジで水取りからスタート
手がかじかんではよいプレーはできない
焚き火で手を少し温めてから
練習に入った
 
娘の今年初打席は相手ピッチャーの制球が定まらずフォアボールだった
2打席目は、3球思いっきり空振りして三振に終わった
親のひいき目かもしれないが
今の時期これだけバットが振れる選手は
両チーム見てもいなかった
せいぜい球に合わせて当てるだけのバッティングが多かったが
私は今後に期待できる内容だと褒めてやった

それよりも気になったのは元気のなさだ
だれもが「体の具合でも悪いのか」と心配するほど元気がない
久しぶりの試合なのだからもっと元気よく、楽しくやってほしかった。
特に今年は最上級生なのだから・・・・・

・・・・と、いろいろ他の選手の様子も見ていると
いよいよ最上級生になったのだというプレッシャーもあるのでは
いままでは上級生に引っ張られて自分のことさえがんばっていればよかった
しかし、今年は自分たちのチームなのだ。
監督、コーチからも同じようなゲキが飛ぶ。

それともう一つ
今年の冬は天候不順が多くて
外でまともに練習できる日が少なかった
昨年に比べれば練習量の少なさ、内容的にも
かなりの差がある。
練習の積み上げがないから
みんな不安なのだ、自信がないのだ。

だから元気も出ない。
ただ「元気出せー」と叱るだけではいけない。
子どもにも元気が出ない理由があるのだ。
その原因を取り除く手助けをしてやることで
子どもたちは大きく成長する

これからほとんど毎週、土、日は練習試合か大会となる
今年も、ワクワク、ドキドキするようなゲームを見せてくれると
期待している。

試合の結果は
昨年秋、松江・八束地区新人戦で準優勝した相手に
1勝1分だった。


 
7553 count

コメント(1件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


なかなかgoodなバッティングフォームだ!\\yaya!!・・・頑張っとるやんけ〜・・・\\男ん子に負けんじゃねーぞ!!\\プロ野球選手になったらサインちょーだい・・\\たのしみにしとるで〜・・・!!\\\\

by ヒゲじぃ〜! ( 2008-03-08 11:24:50 )


トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2018年5月  >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog