島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー



    2018-07-05 | NEW・G1フィッシング

久々の海釣りは・・・


7月ですねー

いきなりの台風接近で
警戒していましたが
我が家周辺は肩透かしでした

被害がなく何よりでしたが
各地では大きな被害もあり

今も豪雨で大変な地域もあります
週末にかけてなおも警戒が必要です


さて娘のyayaは
JAPAN最後の合宿が新潟であり
5日間しっかり鍛えてもらったようです

(新潟合宿 新潟ヤング戦より)


まだまだ個人的には課題もたくさん見つかり
しっかり取り組まなくてはならないと
言って帰りました

親バカは
ただただケガが心配です

8月22日から31日までの大会日程ですが
8月14日に集合して
15日には現地フロリダへ

さすがJAPANですねー

フロリダでもいつもの全力疾走を見せてくれよ❗

6連覇よろしくです❗



さー
私も久しぶりの釣りです

今シーズン大社方面の渡船も初めて
6月30日にメンバーが鷺浦の鶴島の小島を予約してくれて
2人で行って来ました

結果は厳しかったです

イサキが好調ということで
もう、預けたものをいただいて帰るかの
勢いで向かったんですが

まずは豪雨と強風に見舞われ
アタリも少なく大、大、大苦戦


午前中で大方のお客さんが
帰ってしまわれるなか

残ったのは数人

夕方には雨も小降りになって
なんとか時間一杯までやらせてもらいました

船長ありがとうございました

釣果はタルカゴたっちゃんがどーも
本日の状況に合わないような感じがしたので

底カゴ、深棚へ

やっときましたよ

ばばイサキが

しかしババはこれっきり

37センチの尾長や
ババまでではないイサキをちょろっと

小ダイ、ダンダラ、ウマズラ
釣果はこんなところでしたが

海はいいですねー
釣もおもしろいですねー

釣れないと
よけいに向きになるんだなー
これがねー

アユも気になるところですが
近場はいい情報はないし

河川の増水で
この週末は無理でしょうか

もうしばらくの辛抱です






JAPANは新ユニフォームのお披露目です

(新潟合宿より)

今回も背番号88に決定しました

ありがとうございます
10759 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2018年7月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog