島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2018-08-13 | NEW・G1フィッシング

食べられる魚2魚種の大会・・・GFG島根支部


8月12日は
GFG島根支部の磯釣り大会が
大社町鷺浦の磯で開催され
わたしも久しぶりに参加しました

上がった磯は
このエリアで人気NO1の
「コイドリ」

ラッキーでしたねー


同行者は
初代島根支部長の林名人

林さんと竿を交えるのも久しぶりで
ラッキーでした

納竿時間が
猛暑を考慮して
10時となっていたので
ゆっくりお話しする時間はありませんでしたけども

がま磯の7m級長竿を駆使した
釣りを見せていただきました

さて、釣りの方ですが
潮はほとんど動かないか
後半はゆっくりと「大平」方向の
ワンドの中に入る感じ


それでもサラシが適度にあって
この潮目あたりが狙い目でしょうか

GFGの大会では珍しく
当日はカゴ釣りOK

これも島根支部ならではの大会ですね

広島から駆けつけてくれた
石丸テスターは底物狙いで

検量ルールは
「食べられる魚2魚種の合計長寸」
これもユニークなルールです

わたしの本命狙いはヒラマサで
得意の「G1タルカゴたっちゃん仕掛け」

棚は竿1本分のハリスに
ウキ止め無しのフリー

コッパグレ、ウリボウ、その他小魚の攻撃を受けながらも
サラシの切れ目付近をダイレクトに攻め続けて

なんんとかまずまずの2魚種はキープ


本命のヒラマサは不発に終わりましたが
グレが43僂△辰
イサキも35僂らいかなー

「東の黒島」に上がった
梅沢さんと、小川さんにヒラマサの釣果があり

この二人に次いで3位に入賞できました


賞品は新発売のスリッポン
カタログで気になっていたんで
ラッキー


飯塚支部長をはじめ
役員のみなさん

小国屋渡船の船長、奥さま

ありがとうございました


島根支部は
秋はお隣の宇竜で
グレ釣り大会を開催する予定だそうですので

日程を調整して
ぜひ参加したいと思います

よろしくお願いします




497 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2018年8月  >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog