島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2018-08-21 | NEW・G1フィッシング

神戸川のアユはデカいよ!


先週、山陰地方も
何日ぶりでしょうかねー
雨らしい雨が降りまして

朝晩、夜は涼しく過ごせるようになりました
ちょっと肌寒いくらい

久しぶりにエアコンなしで寝ましたもん
体調もよくなったような


さて
日本海側の河川では
アユ釣りの不調が伝えられていますが

遠出がなかなかできない私は
近場の河川でがんばろうと思います

今シーズン
はじめて
出雲の神戸川へ
この土日で行ってみました

アユ釣りポイントは各所にありますけども
佐田支所上流の大きな堰堤を境に
上流側と下流側に大きく別れます

いろいろ情報を集めてみますけども
「今年は厳しい」
「数がほとんどかからず
   おとりが回らない」

そういった声がほとんどです

そんな折
メンバーが

「数は掛かりませんけど
  掛かったらデカいです」
って言うんで向かってみましたよ

デカい!



この時期
この川で25僂呂いい任垢諭

それとこの体高

この雨と朝晩の気温低下で
水温もかなり下がったとのことで

おとりも少々引きずり回しても
辛抱がきくようになって

確かに数はかかりませんねー
かなり探って
やっとの思いで1尾

おとりがかわっても
まずその周辺では掛かりませんねー

かなり釣り下って
またポツリ

アユ釣りとしては
辛抱のいる釣りですけどもねー

掛かったアユのパワーはすごいですよー

数が少ないんで
無理せずに時間をかけて
引き寄せるようにしたんですが

細軸の針では伸びてしまって
ヤバイですねー

地元の名人さんによると

今年「がまかつ」から発売された
Mシステムがいいよー
小針でもパワーは十分
バラシが激減するよ

と言うことです

次回はわたしも試してみたいと思います

我が家から
名人宅へお嫁入りしたナナちゃん

母親のリンそっくりになったなー
ちょっと太めだけどねー

元気に出迎えてくれました

1613 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2018年8月  >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog