島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2018年8月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2018-08-25 | NEW・G1フィッシング

マドンナJAPANヒヤリ!カナダに2ー1で勝利


女子野球ワールドカップは
日本時間
25日朝に第3戦を戦いました

相手は前回準優勝でランキング2位のカナダ


現地は雷雨で
30分ほど試合開始が遅れた上に

試合開始直後にも天気が急変して
試合が中断しました


フロリダはスコールが多いようです


試合は厳しかったですよ
前回の韓国大会を通しても

このカナダ戦はヤバかったですねー



2ー1でなんとか逃げ切りました


3試合連続でスタメンフル出場した
yayaでしたが

2回先頭の1打席目に
いつものように粘って四球を選び



持ち味の走塁を見せたいところ

すかさず盗塁を試みますが
これが際どいタイミングながらアウトに

親バカのひいき目には
追いタッチになってセーフに見えましたけどもねー

これが負のスパイラルの始まりで
攻撃のリズムが最後までいつものJAPANらしくなかった


yayaにとっても
この盗塁アウトは決め所でしたですがねー

このワンプレーが
その後の試合の流れを左右したと言ってもよいでしょうか

わずか2安打に封じ込められたJAPANは
スクイズと相手のミスで得点し

カナダの強打に合いながらも
エース里投手、リリーフの田中投手が
粘りのピッチングでなんとか逃げ切りました


やー、こういう競って
相手投手に押さえ込まれたときこそ
yayaの泥臭い野球がチームの流れを作るのですが

盗塁死で本人も流れをつかめず
四球のあとは
レフトフライ
ピッチャーゴロと
出塁することができませんでした

Bグループを無傷で折り返したJAPAN

次戦の相手はキューバ
日本時間26日午前7時プレーボールです

テレビはJスポーツ1で観戦できます

それから
BSーTBSでの放送予定がわかりました

決勝戦のみの放送ですが
日本時間9月1日(土)午前7時からです
BSの6チャンネルですね

また、前日の8月31日は
同チャンネルで19時から
マドンナJAPAN密着特番も放送されますので
併せてご覧ください


5374 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2018年8月  >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog