島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2019-06-12 | NEW・G1フィッシング

MFG中国グレ釣り懇親大会in隠岐島前


6月9日は
MFG中国グレ釣り懇親大会が
地元 隠岐島前で開催され参加しました


まずは上位の結果から
30儖幣紊離哀譯吉で審査した結果です


表彰台の様子


この日の参加は
中国5県はもちろん
MFG関西からも参加していただき
総勢38名が

西ノ島の三度をエリアにした「松尾丸」と
知夫をエリアにした「福友丸」に分かれて
午前4時、隠岐を目指しました


わたしはですねー
なんと1番クジを引いて
松尾丸に乗船し真鯛狙いで何度か渡礁したことがある
「赤島の中」へ上がりました

あららー
2番クジを引いたのは
同じクラブの安田くん

先日G杯チヌ予選家島へも一緒にいったばっかりなのに
またかやー

みたいな

さて、釣りの方ですが
苦戦です

このエリアで
この時期に
グレがこんなに難しいとはねー


規定の30僂鯆兇┐襯哀譴鬟劵奪箸気擦襪里
難儀しました


最初は状況を確認するために
ボイルと生を粒のまま足元に撒いて様子を見ます

すぐにスズメダイ、フグ、ベラ等がちらほら
そんなに気になりませんが

グレが釣れません

魚の反応が悪いので
配合エサ入りの本命マキエを撒いていきます

潮が沖から手前に突っ込みながら
左方向(知夫方向)へ流れるので
コマセをやや遠投して
さらにそれよりも沖に仕掛けを遠投して攻めていきます


棚は竿1本からさらにプラス1ヒロの範囲を入れたり戻したり
やっとらしきアタリをキャッチしますが
25僂曚匹離哀

すぐにリリースして
さらに沖に遠投して
糸フケを取りながら流れに乗せますが
仕掛けの馴染みが悪いですねー

ガン玉G5を2段打ちにしたり
やがてはウキを沈めながら探りをかけていると

ちょっとグイグイとした締め込みが
ようやく30僖ーバーが食いついてきました

隠岐のグレ釣りって
こんなんだっただあかー

やー難しいなー


やがては沖にはデンボが・・・
中間距離にはフグが・・・

40僖ーバーどころか
規定の30僂鬘吉キープできるかいなー

不安がよぎります

グレのヒットそのものが少ないですもん

後半は東風が強く吹いて
この風にもてこずりました

前日が大時化でしたので
もう少し適度にうねりが残って
よいサラシがあると期待していたんですが

予想に反して海はベタ凪ぎ
潮もちょっと水温が下がったのかなー
澄みきっていて

今年の寒グレシーズンもそうだったんですが
上層のエサ取りの活性はそこそこいいのに
肝心の本命グレは浮いてこない
底の方でじーっとこぼれてくるエサを待っている感じ

難しいです

結局わたしは
ギリギリ30僂盍泙瓩討覆鵑箸5尾を検量パス
松尾丸の4位に入り
総合で7位入賞し豪華賞品をいただきました
ありがとうございました

みんなが苦戦するなか
釣っているところは釣っているんですねー


これは優勝した猿屋さんの釣果
場所は「ドンブカ東」だったそうです

47僂鯑に40オーバーを3尾は
他を圧倒するダントツの優勝でした


おめでとうございます
全国大会の切符も手にされましたので
全国でも頑張ってくださいねー

全体には厳しかったですねー
知夫は特にサイズが小さくて
30僖ーバーをキープできない場所が多かったようです


三度も「ドンブカ」周辺の
足元から深いエリアが比較的良型が揃ったようです

この時期にして
真鯛、イサキのアタリが全くなかったことも不思議でした
(わたしの場合)

どーも他のポイントからも
らしきアタリの情報はありませんでした
釣果もね

せっかく役員幹部の配慮で大会会場を隠岐に持ってきてもらって
「今回隠岐は初めてで楽しみにして来た」と
おっしょっていた方も多かったのですが

こんな隠岐ではないはずなんですがねー
ちょっと地元としても残念な結果になってしまいました


それでも心配していた天候に恵まれて
無事に大会を開催することができて何よりでした
船長、役員の皆様お疲れさまでした

梅雨に入れば
よくなると思いますよー
今後に期待しましょう



今回のマキエは新製品のVSP2袋に生を3キロ
この組み合わせで2セット用意しましたが
6時から15時の釣りでちょうどよかった感じです
その他、ボイル3キロは別のバッカンに海水を入れて撒きました


風が強いときや
超遠投したいときは
繋ぎに遠投性の高い配合エサを
追加ブレンドするとよいと思います


ロッド:がま磯 マスターモデル2 尾長Mー53
リール:RYOBI メタロイヤル 1500
道糸:東レ 銀鱗SSスーパーストロングNEO 2号
ハリス:東レ トヨフロンスーパーL・EX ハイパー  1.5号〜2.5号
針:がまかつ 競技口太6〜7号
       テクノグレ6〜7号
       ファイングレ5〜6号
1007 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2019年6月  >>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog