島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2019年7月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2019-07-13 | NEW・G1フィッシング

7月中の週末は・・・


せっかく鮎釣りスイッチが入りかけたところですが
この3連休、翌週、翌翌週と
7月中の週末はすべてお仕事が入っていて
釣行できないんですよねー

どうしましょう

月末になれば
平日に振替休日をいただいて
行きたいと思いますが
うまく調整できるかなー

その頃になると
江の川本流は土用隠れというやつで
鮎は厳しくなりますかねー


さて
プロ野球はオールスター戦が終わって
いよいよ後半戦ですねー

阪神の近本選手の5打数5安打
サイクルヒットには驚きました

初日の東京ドームでは
昨年世界6連覇した
マドンナジャパンが紹介されて
うちの野球娘も呼んでいただきました
(画像は日本ハムの公式ツイッターから拝借)



これも関東に在住していたからですかねー
ありがとうございます

しかしですねー
女子野球を応援しているファンとしては
ちょっと苦言も

せっかく女子野球を盛り上げるための企画だったと思いますが
テレビでの中継を見ていると

マドンナジャパンの紹介や
出口キャプテンのスピーチの最中

この内容は中継では全く無視
選手たちがダッグアウトでくつろいでいる様子や
ジャニーズの始球式だったりは
フルで中継するのにねー

残念ですねー
スポンサーとかの関係など大人の事情もあるでしょうけども
一連のセレモニーとして
中継したらどうでしょうかねー

今度こういう機会があったら
いっそのこと女子野球の連盟とかで
スポンサーを買い取って中継するとかねー

ほんと残念でした

ちょっと飛躍しすぎかもしれませんが
アメリカ女子サッカーが
ワールドカップを制覇して
トランプ大統領へ表敬訪問しない問題もですね

あの自由の国アメリカでさえ
スポーツ界における男女格差を訴えているといいます

男子と女子とでは
国がかけるお金に格差があると言うのです

日本はどうでしょうかねー
国は頑張ってくれていると思いますが
メディアの取り上げ方については
世間の関心ばかりを追うのではなくて
先を見据えた報道のあり方があってよいと思うのですが
いかがでしょうか

女子野球がんばれ

男子の甲子園も大好きですが
女子野球もまもなく
小学、中学、高校と全国大会が開幕しますね
応援しています

12009 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2019年7月  >>
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog