島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2019-08-17 | NEW・G1フィッシング

オモリグでシロイカ釣りに挑戦 


情報が前後してすいません
ずいぶん前の話になってしまいますが
8月2日に船でイカ釣りに行ってきました

いつも楽しませてくれる
G1OBの長岡号で日御碕沖へ向かいます



18時30分の出発ですから
まだ明るいですねー

それでも連日の猛暑で
昼の釣りは厳しいですが

夜は適度な風もあって
涼しいですねー


でもわたし
船酔いにめっぽう弱くて
この時期の超凪ぎを狙っての出撃となります

過去にも何度か連れて出てもらっていますが
今回ははじめて「オモリグ」ってやつですか
「イカメタル」という釣り方と
まだごっちゃになっていて
わたしはよく理解していません

とりあえず
バス用のロッドがあったのでそれと
小型スピニングリールにPEラインを巻いたものを
船長の指示で持参

あとはお任せで

20号のオモリでエギを底まで沈めて
徐々に棚を探る感じの釣りです

おい、来んのー

直ぐに釣れるイメージの船イカ

「まだ暗くなってからが本番ですからー」
「まー21時頃からですがー」

といいながら
船長はポツポツ
アタリをとらえてシロイカを釣り上げます

あれ?なんで?
なんで自分のは来んの?

よく見ていると
こまめに棚を探って
アタリがないと直ぐにエギをチェンジ

するとまた

えーなんで?
5ハイ、6ハイと船長は順調に釣り上げます

うそだろー?

そこで見るに見かねて
船長からアドバイス
「今年はなぜかこの色がいいんですよー」
とすすめられたのがパープル色のエギ

「棚はベタ底から10m範囲です」

指示どおり沈めて穂先に集中していると
わずかなアタリが竿先に

グイッと合わせると
だっわーんと重量感が竿にのしかかります

来たキター




なんとか船長が10ハイ釣るまでに1ハイ
それもデカイぞ


棚とり、エギのローテーション
そして意外とアタリが小さく
そのタイミングで合わせないと掛からない

こりゃーなめてかかっていたわ
奥が深いぞ


その後はイカの時合いもあってか
何となくパターンをつかんだのか
わたしにもポツポツ

それでも船長には引き離されるばかり

どーも見ていると
アタリが小さすぎて
いいタイミングで合わせが決まっていません

空振りやバラシも多かったです

この釣りにはこの釣りの
専用ロッドがあるようなんですよ

夜でも視認性がよく
超極細の穂先が
この釣りには胆のようです

専用ロッド買えってかー

この日は深夜0時過ぎまでやって
2人でおおよそ100パイ



といっても
船長70
わたし30くらいの比率か

いくら初めてといっても
この差は悔しいわー

こりゃーちょっと本気でやらんといけんわー

まず何から揃えんといけんかいなー
台風の影響が収まったらリベンジです


シロイカは何にしても美味しいですねー
今、わが家の冷凍庫はシロイカだらけになっていますが

やっぱりこれこれ
にぎり寿司風にして
こりゃーうまいわと家内にも大好評でした

竿かっていい?
1154 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2019年8月  >>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog