島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2020-10-20 | NEW・G1フィッシング

大社方面のヒラマサは渋いです


10月18日
秋も深まってきましたねー
早朝は気温が10度を切って寒いー

シーズン真っ只中のこの日
G1メンバーたちと鷺浦に釣行しました

この日は凪ぎもよく
お客さんで満員

4便に分けての出発となりました

それでもここはいいですねー
磯が予約制なので
船長の指示にしたがって
混乱なく磯上がりができます

わたしはメンバーの仲間の
ジョウくんと東黒島へ渡りました




沖は本潮がよく通って
鶴の小島に向かって引かれる感じ
いいですねー

ここの本命潮だと思います

サラシの変化も所々に出て
これまたいい感じ

「これで釣れなきゃうそだろー」

そんな感じでしたけども
本命のアタリが来ませんねー

コッパグレの活性もよく
サシエサがすぐに取られてしまいます

そこでポコポコウキを入れて1ヒロ強にセット

サシエサが残りますねー

さらにラインを張ったり緩めたりして
サシエサを動かしていると

ポコポコウキがスーッと消えていきました

タルカゴにもラインにも反応がある前に
ビシッと合わせると

グーンと確かな重量感

ジョウくん来たわ


バッチリ写真もとってくれて
ありがとねー




足元は棚が出ているので

移動しながら慎重に




8号ハリスの太仕掛けでは
まだまだサイズの64cm




このときには
まだまだアタリがあると思っていたのですが

貴重な貴重な
G1的釣果になろうとは




この本命潮は当分続いたんですが
その後は異常なし


ジョウくんにもらしきアタリがあったんですがー



これは残念ながらダツの仕業でした

残念!


昼頃になると
いわゆる逆潮になって

それも突っ込み潮になってしまいました
こうなるとこのポイントはよくないですねー

わたしの経験上


この日は時期、凪ぎもよく
最最終の日没寸前までやらせてもらいましたが

夕マヅメに期待した
マダイ、グレの反応もなく

あとはコブダイ、イシガキ、キジハタ、ベラ、フグなど
根魚しか釣れませんでした


この日はたくさんの釣人がいましたが
全体でヒラマサの釣果は4本だけ

そんな中でも
メンバーの川上くんが
「水たれ」で
マダイの66cmとヒラマサの65cmを

「鶴の東」ではメンバーの中嶋さんが
イサキなどの釣果がありました


圧巻だったのは
コレコレ



メーター級のサメを退治した
メンバーの川島さん



タルカゴスペシャルのHでの釣果ですが
「胴でためていたらなんなく浮いてきました。まだまだ余裕があるように感じました」という報告がありました

メンバーたちも
タルカゴスペシャルのMH、Hを併用して
いろいろ試してみているようです



釣果はともかくとしても

「仕掛けの操作性がよいですねー」
「一日中竿を振っていても軽いので疲れが少ないですねー」
などの声が聞かれました

メンバーたちの主な釣果




さて、これは別の日の釣果ですが
この日もメンバー2人とわたしとで
鷺浦の立山で




この日もエサトリが多かったので
1ヒロ、ポコポコでのワンチャンス



メンバーに1発バラシがありましたが
アタリは2回だけ




今年はなかなか厳しいですねー



65cmくらいです



それから18日には
浜田の磯からも
嬉しい報告がありました

石見の名手森岡くんから
「タルカゴスペシャルMHで釣りましたー」ってねー


彼はG1カップチヌ釣り選手権大会での
3尾重量の記録保持者で
何の釣りをやってもうまいですねー

「竿がよかったのでなんなくとれましたー」って
竿を誉めてくれたんですが
なんとも羨ましい釣果です

各地からタルカゴスペシャルでの釣果報告があると
ほんとわたしも嬉しいです

ありがとうございました

1363 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2020年10月  >>
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog