島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2020-07-11 | NEW・G1フィッシング

50オーバー出ました❗超高級食材も


平日は仕事です
当然ですよねー

でも釣りには行けます

先日もアップしましたけども
仕事帰りに宍道湖(通称)潜水道路へ



コマセを撒いて約1時間で反応が

いつものように
のんびりと置き竿釣法でアタリを待っていると


あらー
ウキがないぞー

目を凝らして探しますが
やっぱりありません

きたかやー


おもむろに竿をもって
リールのラインを巻き込むと

根掛かりしたような
ずっしりとした重みが
0号の元竿までのしかかります

惚れ惚れするような
いい曲がりを何度も確認しながらやり取りできるのも
この足場、この雰囲気ですかねー

あんまり余裕をかまして
バラシしてはもともこうもないですから
要所要所は真剣に

先日よりもスピードはなかったですが
ずっしりとした重量感は50オーバー来たかも



やっぱりね
ありましたねー

まだまだデカイのがいるはずです

毎日の仕事帰りのひとときも
楽しみ、楽しみ

そして
暗くなったので帰ろうと
仕掛けを回収しようとリールを巻くと

うん?これは?

これだー



比較するものがなくてごめんなさい
これデカイよ

キロまではないけど
それに近いかも

太さはわたしの手首ほどありますもの

ここ宍道湖の天然鰻は
全国のなだたる一流鰻職人の憧れ食材

これはラッキーでしたねー

また、釣ったチヌは
神経ジメ、血抜きをほどこして
直ぐに胃袋をチェックしてみました



宍道湖特産のヤマトシジミの稚貝がぎっしり

その上にコマセのオキアミ生、ボイルを食べていました

釣人として興味深いのは
前回のチヌもシジミはパンパンに食っていました

このときはボイルはコマセにもサシエにも
使っていませんでしたが

今回、コマセにボイルを少量加えて
サシエサにもボイルを使用しての釣果でした

量的には生よりもボイルの比率が少ないにもかかわらず
胃袋からは圧倒的にボイルの比率が高いことに気づきます

ボイルを選って食っていることになりますねー


そしてまた後日
チヌの釣果はゼロでしたが
チヌ釣り仕掛けに80cm級の鯉がヒットしてきました

画像がなくてすいません

いろいろ釣れますねー

チヌ、ウナギ、鯉
すべてサシエサはボイルです
1627 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2020年7月  >>
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog