島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2021年12月のエントリー

次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2021-12-27 | NEW・G1フィッシング

大寒波襲来、そしてオミクロン株


やあー荒れましたねー
いやいや荒れていますねー

この冬最大級の寒波に見舞われ
各地では雪の被害が出ています

この週末は海も大時化で
磯も沖合いも釣りは断念せざるを終えませんでしたでしょう


寒波前はひと時の穏やかな天気もあったようで
ちょうど大潮の後の中潮とも重なって

わたし的にはゴールデン潮回りとよんでおりますが

各地でよい釣果が聞かれたようです
羨ましいですねー

年末まではほぼほぼ時化て
今年最後のチャンスと思われましたので
少々無理をしてでも時間を調整して
釣行するとよかったですねー

釣行できた方はよかったですねー

船釣りをされる先輩からはですねー
「朝から青物がー」って連絡があって
1本、正月魚にってマルゴをいただきましたー

だんだんですー

いただいた魚はですねー
わたしなりに仕立てをして
1週間クーラーで寝かせて

久しぶりに家族が揃う29日あたりに
頂こうと思います

自分が釣行できないものでして
喜びましたですー


わたしと言うとですねー
平日と言うこともあったんですが
親戚でお亡くなりになられた方があって
お一人暮らしだったもんですから
葬儀などの段取りに
実質わたしがバタバタすることになったりで

やあー
今年もたくさんのみなさんをお見送りすることになりました

特にわたしにとっては大切な方々が逝ってしまわれて
悲しくも寂しい限りです

自分自身の年齢もでしょうかねー
年々、関わる方々の訃報が増えていくように思います

それからですねー
先週はひと時の穏やかな日があったと言いましたけども
風が収まっていても
この時期はウネリが高いですねー

気象予報を見ていても
波長が9秒前後からなかなか落ちませんでしたから
磯際や地形によっては
かなり危険なところもあったと思います

先週の穏やかになったと思われたその日
山陰海岸では残念なことに遭難事故が起きてしまいました
どのような状況だったかはわかりませんが

前にもお話ししたことがありますけども
わたしのウネリに関する目安としては
「波長7秒」としております

この7秒を目安に
これ以上になっていくような予報の時には
釣行自体を見合わせます
「中止」します
(ただし、渡船を利用する場合は船長の判断にお任せする場合があります)

また、7秒から落ちていく予報の場合は
風向きや波長の方向によって
「ウラ」になる磯を選んだり
足場が高く安定した場所であれば向かう場合もあります

地形によって非常に危ない場所がありますから
過去に遭難事故が起きたような場所に釣行する場合は
無理をせずに細心の注意が必要です

こういう場所ほど一級ポイントでよく釣れたりするものですが
釣果よりも安全第一を心がけましょう


今年のわたしの釣果は
過去最低と言ってよいかもしれませんねー

釣行回数自体も少なかったし
めぼしい釣果に恵まれない釣行も多かったように思います

来年はどのような釣果になりますかねー

コロナウイルスは新型のオミクロン株が猛威を振るう兆しが心配です
来年度に向けては
G杯チヌの予選申し込みが始まったところですが
釣り大会の開催がどうなるかも心配なところです

それ以上に日々の生活への影響ですわねー
このウイルス
すぐ先の未来が見通せないことが
一番の不安なのかもしれません

5536 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2021年12月  >>
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog