島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2021-02-09 | NEW・G1フィッシング

極寒の磯泊まり釣行へ


今朝は寒かったですねー
雪もチラチラして
出勤前のフロントガラスを一瞬のうちに白く染めましたものねー

このまま一気に暖かくなると思いきや
寒暖の差が激しいです

そしてついにチャンスが来ましたよー

今週は祝日もありますが
週末に向かって天気が回復して穏やかな予報です

風が凪ぎますから
どの方面でも行けそうです

隠岐島前の各渡船も
11日から14日まで
毎日動き出すようです




さあー
わたしもコロナ対策を万全にして
どこかへ向かいたいと思います

渡船の方でも
緊急事態宣言都市や感染者拡大地域からの
お客様を一部制限するなどの対策を講じているところも
あるようですから

事前に確認してから予約するとよいでしょう


どこへ行こうかなー
こうなると逆に迷いますがー

コロナのこともあって
なかなか男女群島など
県外遠征が出来ませんから

磯泊まりでの釣行を考えています

真冬の磯泊まり
そしてこの時期の夜釣り

「お前元気だのー」
「寒いことないかやー」

そらー寒いことは寒いですが
男女群島遠征なんかはこの時期の夜釣りは
当たり前ですしねー

ここのところ毎年
この時期に隠岐で磯泊まり釣行してますもん

これがねー
ゆっくり、じっくりいいんですわー

特に夜釣りがいいですねー

釣果はいろいろですけども
その雰囲気がねー

最近は冬のソロキャンプもブームでしょー

冬の磯泊まりは
そういう要素も満載で
しかも釣りが心置きなく楽しめるとあって

わたし大好きですねー
こういうの

非日常を味わうというかねー
コロナ禍にあって
よけいにそういうふうに思うんですかねー

いやいや
コロナには関係なく
かなりむかーしから
そうやって楽しんできたように
わたし自身は思いますがねー

やあー楽しみだわー

今夜くらいから
いろいろ準備するのも楽しいなー

ワクワクしますねー
2830 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2021年2月  >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 1 2 3 4 5 6

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog