島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

新着順エントリー

<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>


    2023-02-11 | NEW・G1フィッシング

江田島筏ブリ最終章


話題が前後しますけども
2月4日に今シーズン最後の挑戦

江田島の筏ブリ釣りに行ってきました
わたしはこの釣りは6シーズン目になっていますけども
いいですねー

この釣り大好き

何よりも江田島の雰囲気がいいのです
特にお世話になるマルケン渡船さんの基地となる港の雰囲気とか

もちろん船長も気さくで親切
お客さんも穏やかな雰囲気でいいですねー

ポイントとなる筏周辺の雰囲気もいいですねー

今シーズンは三發箸いΕ┘螢△多かったんですが
津久茂というエリアもあって
ここがまたいいんですよねー



雰囲気が

穏やかで癒される

時間とお金を使ってでもですねー
ここの雰囲気と
たまーに釣れる大型のブリの引き

これはこれでいいんです



まあー価値観でしょうかねー

みんながみんなそう思っているわけではないと思いますよ
釣り自体はリスキーな釣りですもん

島根半島や隠岐では大型のヒラマサに真鯛にと
魚種も豊富で

船で沖に出れば丸々肥えた日本海の寒ブリが釣れますからねー
そりゃー味も最高です



それでもですねー
この釣りの魅力にハマって
毎回付き合ってくれる仲間もできました



後輩のモリータ兄弟

彼たちは宍道湖の鯉釣り仲間でもありまして
鯉釣りシーズンが終わって寒の時期が
この釣りのシーズンですから

「やることがなくて困っていたにちょうどいいわー」ってことで
最近はほぼほぼこのメンバーで来ています

楽しいですねー


そいでこの釣りねー
活きたコノシロを太仕掛けに付けて
いわゆる泳がせ釣りなんですがー

同じ仕掛け
同じ棚

誰に来るかは運次第

「釣り方教えてよー」って言われても

最初の仕掛け設定と
コノシロを針にどうやって付けるかくらいで

後はアタリを待つだけ

鯉釣りとも似ていますかねー
それが彼らにもよかったみたい


この日もねー
寒波の後で1週空きましたから
どうかなーって心配していましたけども

来ましたよー

運だけの釣りなのに
なぜか今回もわたしに


アタリはこの1回のみ

エサのコノシロたくさん購入して挑みましたけどもねー
この釣りも年々下火になってきているのは心配なところです

年々、魚がスリムになってきていますしねー

わたしが挑戦し始めた2017年、18年などは
メーター級も釣ったし
重量が8キロ以上が当たり前でしたがねー
味も日本海のブリと大差なかった記憶です

今回のブリは84cm5、7キロでした
脂の乗りもいまいちですねー

でもこれはこれで楽しいのですよー


モリータ兄弟は苦戦が続きます


モリータは今シーズンブリの釣果はなかったのですが
サワラのメーターオーバーを釣りましたからねー
これはこれですごいことです

弟は未だに本命の釣果なしですが
「来シーズンは必ず釣ります。がんばります」って
言ってくれています

春になったら鯉釣りも始まりますから
次のシーズンは必ず釣ってくれることでしょう

気の知れた仲間と
のんびりした自然の癒しと

できれば3人が全員安打でブリを仕留めて
笑顔で写真におさまれば超最高

来シーズンはこれを目標に頑張りましょう

マルケン船長今シーズンもありがとうございました


1556 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。



<< 最新のエントリー  < 前のエントリー 次のエントリー >  最初のエントリー >>

ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2023年2月  >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog