島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2009年3月7日のエントリー



    2009-03-07 | 釣り紀行・・・釣行紀

大社沖防波堤・・・チヌ釣り


7日、私が所属するG1トーナメントクラブが主催して
チヌ釣り講習会を開いた

当初ポイントは幕島から渡船で
桂島を予定していたが

当日はシケ模様となったため
会場を大社漁港沖の沖防波堤へ変更

ここでも大きなうねりが打ち寄せてきて
内向きでしか竿が出せない状況だった

(大きなうねりが打ち寄せる沖防波堤・・・南側・・・時折テトラを越えるような大うねりも・・・)

前半は私が講師となって
エサ作りから仕掛けのセット・・・そして実釣

狙う棚は4ヒロ半から6ヒロ・・・
湾内特有の複雑な流れを想定して
配合エサは比重のあるチヌパワームギ

そして先週の情報から
非常にフグなどのエサ取りが多いということで
水加減で比重を操作でき、視覚的にアピール度が高い
チヌパワーV10白チヌを用意した

オキアミ生は半解凍したものをつぶさずに混ぜ合わせた

サシエサには
生オキアミ、ほかに
マルキューのプレミアムボイル、スーパーハード、ベストオキアミ生を使用した

南内側角に足場を設定して実釣開始

三瓶山向きのテトラは
大きなうねりが入り込んで釣りにならない様子

この位置からでも
テトラに砕けた流れが上層をすべるように入り込んできて
仕掛けをうまく流すことが出来ない

コマセを入れて数十分経過するが
ほとんどサシエサに反応がない

時折取られているが
どうやらフグではないようだ

先週ここで釣りをしていたメンバーも
「前々状況が違いますねー」
「この前はサシエサと針がひとたまりもありませんでしたよー」

潮は笹子方面から稲佐の浜方面にゆっくり流れている
うねりで濁りもあって雰囲気はいい

ただ、シケの影響もあって水温が下がったのか
エサ取りが少ないのが逆に気がかりだ・・・

しばらく、沖や手前やいろいろな方向に仕掛けをなじませてみて
結局・・・・沖から入り込むうねりの流れと、水道を抜ける潮の流れの壁に
コマセとサシエサが落ち着く場所があった

するともたれかかるように竹下ウキを押さえ込んだと思ったら
スーッと消しこんで道糸が走った

竿をおこすと
重量感とともにコン、コンと底で頭を振る感触・・・・

「小さいけど本命かな」

沖で十分にためて引きを堪能していると
ロッドの反発でもうウキが浮いてきた

タモにおさめてみると
ヒレの先が黄色っぽい

「こりゃーキビレだわ」

「そういえば先週も1尾釣れました」・・・とメンバー

南方に多いチヌの仲間だが
このあたりで釣れるのは珍しい・・・

チヌではなかったが
講習の実釣で格好がついて一安心

うねりの影響で仕掛けが安定しないので
4Bのウキにガン玉Bをハリスに3段打ち・・・

ハリ上2ヒロは完全フカセになるように
ウキに近い方の1ヒロに
均等に3個のガン玉を打った

サシエサは
スーパーハードの頭だけを
二尾分抱き合わせにしての釣果

頭だけ取られるときに効果がある

2時間ほど見ていただいて
今度はみんなが各ポイントに散らばって
釣り開始

笹子側の内向きも実績のある好ポイントだ

ここは仕掛けを遠投し
横流れの潮に乗せて
堤防からの捨石と海底の砂地との際に
うまくサシエサとコマセを合わすかがキモとなる

南テトラはまだまだうねりがあるが
朝と比べればかなりおさまってきた

これなら何とか竿が出せそうだ

実釣した南内向きから竿を出していた
G1メンバーのヤッサンがチヌをヒット

型は小ぶりだが
同ポイントで
ここから怒涛の4連荘・・・・

講習の効果?・・・・
いやいや・・・
昨年のG1カップチヌで優勝するなど
最近の上達振りは目を見張るものがあります・・・・・さすが

「サシエサはオキアミベスト2匹掛けで全部釣りましたー」

春のノッコミチヌ・・・
大エサが効果的

大き目の針に2尾掛けすることも多い

ヤッサンの使用針は
ひねくれチヌの4号でした

この後、G1メンバーのマサクン、ソッチにも同ポイントで
2連荘、3連荘

私は最初の場所をメンバーたちに明け渡して
三瓶山向きテトラへ・・・・

まだ時折大きなうねりで
頭からしぶきをかぶりながらも
一発大型を狙ってみましたが

この大きなうねりと
テトラに砕けて湧き上がる流れにてこずって
小型を1尾追加するにとどまりました

本日の最高サイズは45センチでしたが
サシエサとコマセを同調させるイメージで
「狙って釣る」醍醐味を味わいました

一方、笹子側の内側を狙ったメンバーたちは苦戦

結局チヌのアタリがないまま納竿となりました

参加者全員の釣果

南側・・・港向きと稲佐の浜向きのみでしかアタリがありませんでした

 

この日の私のタックル

ロッド:がま磯 アテンダー1号−53
リール:リョービメタロイヤルVS1500ZM
道糸:東レ銀鱗スーパーストロングNEO 1.5号
ハリス:東レトヨフロンスーパーL・EX1.5号
ハリ:がまかつ:ひねくれチヌ3号ストレート
ウキ:竹下ウキ 14センチ 3B〜4B
ガン玉:B〜2B・・・3個〜4個

この日のエサ 7:00〜18:00

【コマセ】
マルキュー
チヌパワームギ×2
チヌパワーV10白チヌ×2
オキアミ生3キロ×4

【サシエ】
くわせオキアミスーパーハードL×1
プレミアムボイルM×1
ベスト生オキアミL×1

6839 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2009年3月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog