島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2009年6月7日のエントリー



    2009-06-07 | 釣り紀行・・・釣行紀

大森島の「メガネ」でマダイ釣り


G1メンバーの山根君と一緒に(二人)隠岐島前へ行ってきた

6月に入ったのでグレのシーズンでもあるが

今年はとにかく大ダイ狙いだ

ハリスも7号以下は持っていかない

山根君にもそれを事前に告げて・・・「ぼくも大ダイ狙いで行きます」と狙いが一致

午前7時、浜吉丸に乗り込んだ

最近の隠岐釣行はフェリーを使うことがほとんどなくなった

釣り時間や荷物の積み下ろしを考えると
チャーター船がはるかにいい

フェリー運賃もどんどん値上がりし
料金的にも釣り時間を考えると
割高感を感じなくなった

浜吉丸は座席が広くリクライニングになるので快適
サービスも充実していて最高だ

9時前にはポイントへ到着した

今年絶好調の大森島へ

その中でも特に好調な「ケナシ」を目指したが
先に希望者があったので「メガネ」へ・・・・

昨日からの釣り人と入れ替わりで上がらせてもらった

状況をたずねると「たいしたことないよ・・・つまらんかったわー」

それでも50クラスのマダイと30クラスのイサキを1尾ずつ・・・
エサ取りもさほど気にならない・・・・むしろサシエサがとられない状況が多かったという

「それと変なクラゲがいてねー、これがラインにまとわりついて厄介だ・・・
 おまけに刺されてしまってねー・・・きーつけなさいなー」

潮は「クロミバエ」から跳ね返りの潮が「小森島」方向に行き
そのまま「ケナシ」方向へ抜けている

ここの本命潮だが流れがかなり早い

もう少しこの潮が緩んで跳ね返りの潮が「二股島」方向に流れればベストで釣りやすい

まずはフカセ仕掛けで釣り始めた

竿2本前後のタナで探るがサシエサが取られたり残ったり

この潮で何にもめぼしいアタリがない・・・「なんで?」

この潮なら「今に来るぞ、来るぞ」・・・といいながら・・・「おい、だめだのー」

時間が経つにつれて期待がぼやきに変わっていく

「最近このパターンが多いなー」

それでもこの潮で夕マズメを迎えれば・・・・の期待も大きい

ここは辛抱してコマセを入れ続けアタリを待った

「そそそれがー・・・・」

午後6時、ゴールデンタイムを迎えるようになって
本命潮が急に緩みだした

そして止まって逆に手前に戻ってくる・・・「よくないなー・・・ここまで辛抱してこれかやー」

そしてこれまであまり気にならなかったエサ取りが・・・「アジだー」
中型のアジが出没・・・「こらーまずいなー」

狙いを磯際に絞って仕掛けを打ち返していると・・・「来たー」

山根君に強いアタリが来たー

「おおーこれは本命間違いなし・・・やったやったー」

ギュンギュン絞り込まれて耐え切れずに逆転

それでも7号ハリスにモノを言わせて強引に耐える耐える

それでも耐える

まだ耐える

がま磯マスターモデル尾長MH・・・「いい曲がりだのー・・・ほんと惚れ惚れするわー」

やがてピンクの魚体が海面に映し出された「やったねー」・・・「ありがとうございますー」

この状況で71センチは立派・・・・これぞG1な釣果だ

 

 

このアタリで俄然、希望が持てたが・・・・続かない

やがて夜釣りに突入

足元には中型のアジが食いついてくるので

フカセから→G1タルカゴたっちゃんへ→底カゴへ・・・展開するがアタリなし

 

 

深夜になって睡魔が襲ってきたがそれでもがんばる、がんばる

ここでさすがの山根君も「少し休みます」・・・1尾釣っているので余裕もある

「おれはがんばるぞー」・・・なんだか今回はヤバイ(ボウズ)の予感が・・・・

 

午前3時、朝マズメが近づいてまた潮が動き始めた

例の本命潮だ

ここは底カゴ仕掛けで勝負に出た

潮が次第に早くなる

やや「北の鼻」方向に仕掛けを投入して
跳ね上げる潮と合流する地点で棚が取れているように流した

ウキ下は竿3本分

釣り座からちょうど小森島を結んだ地点で潮に変化がある・・「ここだ!」

この付近でラインを止めて仕掛けを張り気味にしてアタリを待った

 

辺りがうっすらと明るくなり始めた午前4時過ぎ・・・「おい、きたでー」

われながら妙に落ち着いていた「食うならここしかない」という地点でやっぱり来た

ラインの距離は100m以上は出ている

張り気味にしていたラインが人差し指に食い込んだ・・・「マダイだ」

確かな重量感・・・100mの引き合いは楽しい・・・「それでも記録ものじゃーないなー」

上がってきたのは75センチ

「何と頭でっかちなタイだのー」・・・口もデカイ

頭だけなら80クラスといってもいいほどの迫力

「それでもまだ抱卵中の女の子でしたよー」

 

その後も俄然気合が入ったが・・・・結局この釣果のみ

納竿の午前10時過ぎまで本命潮が続いていたが・・・ダメダメでしたー

気になったのは

先客の釣り人も話しておられた「クラゲ?」

とにかくラインにまとわりついてこれが厄介だ

そのままにしておくと遊動がスムーズに行かなくて棚が取れない

毒があるというなら魚も恐れて浮いてこないのではないか・・・いろいろ想像できる

全般に他の磯も低調で
マダイの70,80クラスは当たっているようだが単発で・・・いまひとつ

一時の絶好調時とは程遠い状況・・・とは船長いわく

なかなか記録級の大ダイはそう簡単には食ってきません

 

さて、次はどこへ行こうかなー・・・これからは島後もいいし

【私の仕掛け】
○フカセ
ロッド:がま磯スーパーインテッサ遠征3号
リール:シマノ8000番
道糸:東レ銀鱗スーパーストロングビッグゲーム6号
ハリス:東レトヨフロンLハード7号
ハリ:がまかつA1−TKO10号
竹下ウキ:5B−16センチ

○タルカゴ
ロッド:がま磯スーパーインテッサ遠征3号
リール:リョービ5000番
道糸:東レ銀鱗シグマ6号
ハリス:東レトヨフロンLハード8号
ハリ:がまかつA1−TKO12号
ウキ:G1タルカゴ改良-中型

○底カゴ
ロッド:がま磯スーパーインテッサ遠征3号
リール:リョービ5000番
道糸:東レ銀鱗シグマ6号
ハリス:東レトヨフロンLハード8号
ハリ:がまかつA1−TKO12号
カゴ:10号
ウキ:釣武者10号(管付きで飛びがいい)

【エサ】
オキアミボイル3K×8
オキアミ生3K×4
地アミ2k×4
マルキューボイルマジック×2袋
マルキュースーパー磯マダイ×2袋
※1泊2日でフルにフカセ釣りをした場合の量
カゴ釣りがメインになるとかなり余る
様子を見てクーラーから出し、余れば持ち帰って次に使う・・・もったいないもん!

 

 
 
 
 
 
 

10412 count

コメント(5件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


今から国税官試験です!このブログを見て元気出して頑張ります!
あっ、ボイルマジックって、オキアミ溶けたりしないんですか?また、フカセで大型マダイや尾長を夜釣りで狙うタックルとしてはどのような物がよいでしょうか?できればLBタイプのリールを使いたいと思っています。どうか教えて下さい。

by NO FISHING NO LIFE ( 2009-06-14 08:18:18 )

mo様へ
いつもブログを見ていただきありがとうございます。
そうなんですよねー。私の力不足もあって地元の釣具店に東レ製品が少ないのは申し訳なく思っています。メンバーからも同じような意見がよせられています。会社の営業担当に伝え、身近な釣具店で購入できるように働きかけていきます。
とりあえずはネット上で通信販売もしていますので参考にしてください。http://store.shopping.yahoo.co.jp/point-i/4960685880556.html
また、これもなかなか在庫がないかもしれませんが、銀鱗(シグマ)Σもお気に入りです。BGGよりもソフトでやや比重が軽く感じます。カゴ釣りなどには非常に使いやすい仕上がりになっていますので、ぜひお試しください。
・・・・とはいっても在庫がなくては話になりませんね。
身近で購入できるように強力に働きかけていきます。

by G1 ( 2009-06-10 14:43:13 )

それでもお二人とも70オーバーとは凄い!
k山さんのMH良い曲がりしてますね〜(^^)
俺も欲しいですわ!!

by やっさん ( 2009-06-10 12:27:04 )

読んでいるとまるで自分が磯に立っているように思えてきます。いつも楽しく読ませて頂いております。ブログの竿にはとても手が出ませんがせめて道糸、ハリスは同じ物を使ってみたいと市内の釣具店を回ってみましたが”ビッグゲーム6号”はありませんでした。入手法を教えていただけませんでしょうか。

by mo ( 2009-06-10 07:33:45 )

いろいろアドバイスいただき本当にありがとうございました。
きれいな鯛でしたねー。更に精進します。

by G1TC k山 ( 2009-06-08 23:12:57 )


トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2009年6月  >>
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog