島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2011年6月10日のエントリー



    2011-06-10 | 釣り紀行・・・釣行紀

隠岐島前 そなしのハナレ、フジヤ瀬


今、隠岐島前はマダイが絶好調ということで行ってきました(6月5日、6日)

今回は前回のGFGでダメだった私と

もう一人だめだったN君との初コンビ

 

彼は鮎や磯フカセは名人級の腕の持ち主

今回はタルカゴの釣りを教えてねー・・・と

がま磯 我夢者 3号 を・・・ご購入・・・ありがとうございます

この気合の入れようは・・・すごい

 

これはなんとしてでも釣らせてあげたい

 

梅雨時期とあって

天気予報がころころ変わります

 

雨の予報は晴れになって絶好調

そのかわり風が強いですねー

西よりの強風が吹いて好調磯への渡礁が危ぶまれます

週末のお客さんも多く

磯上げ可能なポイントは大方埋まっています

 

それでも希望していた「ソナシのハナレ」に渡礁成功

 

すでに夜は明けて

朝マズメに突入している

 

今回は彼にタルカゴ仕掛けで釣らせることが一番の目標だが

自分も釣らなくてはね

 

「おい、先やるでー」

 

今回は

「お前に釣らせるまでは、おれは竿を出さんけん」

なーんて・・・言って誘っといて

短気者の私がマテがきくわけがない

 

何年、何度行っていても

早く竿を出したくて・・・ウズウズ・・・まだまだ修行が足りません

 

到着時が朝マズメなのは想定済み

仕掛けはハリまですでにセット完了・・・事前にできることは総てやっておくのが小島流

竿ケースからロッドを出して伸ばせばすぐに釣り開始・・・OK 

ここで釣果の1,2尾は差が出ることもしばしば

とにかくせっかちな私は

早くないと気がすまないのだ

 

N君お先にー

 

あらかじめ解かしておいたオキアミを足元から入れて

G1タルカゴドクロにもセットして

約20m沖に投入

最初は近距離から攻めるのがセオリー

 

風は深浦方向から強いが

背から受けるのでオーライ

こういうときは竿尻を小脇に抱えて右方向から投入する

我夢者のよさは軽くてバランスがよいところ

風の向きや磯の地形しだいで左右どちらからでも遠投できるようにしておくとよいぞ・・・

 

なーんて・・・まずは投入についてアドバイス

 

最初は西方向からの風にタルカゴやラインが押されるが

仕掛けがなじむとドクロがしぶしぶに押さえ込まれて潮をとらえます

潮はゆっくり西方向へ・・・いわゆる逆潮がいっています
(・・・この地域では北へ向かって右方向へ流れる潮を本潮と呼び、本命潮となることが多い)

 

はじめはウキ下をハリからウキ止めまで竿3本と深め

数投やってみるとサシエサがとられているので

 

ここで一気に竿2本分まで上げた

するとー・・・パラパラパラー・・・ラインが走った

がっちりアサセて巻き取ると50センチほどのマダイ

 

幸先いいねー・・・これこれ

 

はやはやー・・・今日はいいでー

N君にもドクロと専用天秤をプレゼント・・・・セット完了

 

すると続けて今度は・・・バババババラバラバラー・・・・

グイグイ行く感じは良型、良型・・・

 

 

 

 

70オーバーをゲットー

 

おいおい、この調子ならクーラーが足りんようになるんじゃないかやー

行かれなかったメンバーたちにも

自慢のメール攻勢

 

しかーし

それがバチが当たったのか

潮が緩み風に押されて表面をウキが流れるだけ

 

えらいもんです・・・ここからまったくアタリなし

時合とはそんなもんなんです

 

パターンをつかんだところでN君にも・・・と思ったとたんの出来事です

 

天気は何とか持ちそうなので

潮替わりと、夕マズメ、次の日の朝マズメに期待して

このままここでやるかのー・・・

 

すると崎野船長(浜吉丸:090−4893−1875)から電話が・・・

 

フジヤ瀬が帰るんで入れ替わりで上がりませんかー

最近ハズレがないですからー

 

せっかく船長のお勧めなので替わってみることに

 

入れ替わりの釣り人に状況をたずねると・・・今一の表情

クーラーも意外と軽め?・・・風も強かったしなー・・・釣りにくかったのだろうか

 

などと思いながらも

すぐにタルカゴ仕掛けで釣り開始

 

潮はほとんど動かず

それでもイサキの35センチクラスがポツポツ

 

すると潮が動き出した・・・・のだが・・・

手前に突っ込んできて左にどんどん早くなる

こーなると左側の壁から高崎鼻方向に巻いてしまってまったく釣りにならなくなる

手前の壁を流して止め釣りをしてみるが反応なし

 

やはりここは右に行く潮が本命か・・・

 

するとN君しびれを切らせて得意のグレ狙いに

するとギュギューン・・・おとっとー・・・・タモに収まったのは良型グレ

しかも尾長グレじゃーん・・・筋肉質のグレは45センチ・・・さすがお見事

その後も中型の口太グレを追加した

 

期待した夕マズメも空振り

フカセに替えて磯際を攻めるが30センチクラスのマダイ

そのまま夜釣りに突入

30、40クラスのマダイを1尾ずつ追加したのみで

大物の引きは味わえなかった

 

0時までがんばりましたがギブアップ

遅い夕食をかき込んで休息タイム

 

水溜りが多いこの磯は蚊の繁殖地

この時期になると蚊の対策が重要です

電池で回るタイプのものがありますが・・・あれって効いているんでしょうか

やっぱり蚊取り線香のもんですわー

2個をくよらせてOK、OK

 

次に難敵がこいつ

これらも繁殖期なんでしょうか

夜になるとどこからともなく出てきて

耳元まで来て鳴くんですよねー

かなりでかい声で

なんというカエルでしょうか・・・天然記念物かもしれないので危害は加えられませんし

 

N君もさすがに参っていたみたいです

カエル対策はねー・・・耳栓くらいでしょうか・・・今度から持っていこーっと

 

ピピッ、ピピッ、ピピッ・・・目覚ましです・・・4時

あれー・・・もう、うっすら明るくなりかけている

 

この時期なら3時起きですねー・・・・

 

すぐにフカセで磯際を狙います

仕掛けはやっぱり手前に帰って漂います・・・期待薄かなー

 

海面はまだ暗いので

ケミ蛍を装着しようとポケットをごそごそしていると

いきなり、ガツーン・・・ギュギュギューン・・・ブチー

 

あっらー・・・俺としたことがー・・・・

これだから隠岐はすごいんですよねー・・・と感心しながらも・・・やっちまったわー

・・・とN君にも照れ笑い・・・あーあ・・・

 

その後は完全に夜が明けるまで反応なし、釣果なし

 

沖目は高崎方向に速い流れ・・・がある

 

やれることはやってみようと

底カゴ仕掛けに変更して投入

私の場合「我夢者3号」でフカセ、タルカゴ、底カゴをやっちゃいます

まさに万能竿(・・・というと安っぽく聞こえますが・・・最高です)

 

棚は道糸で10ヒロ

流しすぎるとやっぱり左の壁を巻いて釣りにならないので

ラインを修正しながら壁までで勝負を掛けたい

するとアタリが・・・あがってきたのは50センチ弱のマダイだった

このパターンも続かずエサ取りが・・・

棚を徐々に浅くしていくが反応なし

 

足元ではデンボがちらほら見える・・・沖もこいつの仕業だ

午前9時・・・納竿の時間が近づく

 

やーフジヤ瀬でハズレかー

 

すると沖の潮が少しずつ緩んできている様子

よし、最後のチャンスに賭けようと

得意のタルカゴ仕掛けにもう一度変更

 

案の定、潮が緩んで高崎方向に巻かなくなって左沖に流れる

これはいいぞー・・・と思いながらやっていると

サシエサが残ってあがってきた・・・気配あり・・・ムンムンだでー

 

するとドクロが消しこまれた

ラインが張るのを確認して強く我夢者をあおった

 

ギュギュー・・・ゴンゴンゴン

アタリと瞬間に良型マダイであることを確信

N君にすくってもらったマダイは75センチ

 

ウキに反応があってからラインの走りが遅かったので

ウキ下を竿3本から2本まで浅くして投入

 

すると今度はドクロを消しこんだと思ったら一気にラインが走った

ラインを止めて我夢者で溜めようとするが今度はスピードがある

青物かー・・・・

 

ベールをフリーにしてラインを出した

止めようとするがまだ勢いがある、これを3回ほど繰り返してようやく魚がこっちを向いた

高崎方向へ走っているので、例の壁にラインが触れないようにと無理に止められなかったのだ

 

本フジの方の突端まででてのやり取りが続く

ジワジワと正面まで引き寄せて中央へ移動

やっぱり・・・ヒラマサじゃー・・・71センチ

 

納竿30分前の出来事でした

 

この潮ならこれからなのになー・・・と後ろ髪を惹かれる思いで納竿

結局、最初と最後だったなー

なかなか厳しい釣りでした

 

N君・・・釣らせてあげられなくてごめんねー

次は必ず・・・

 

タルカゴで大ダイ釣るまで

 

 

 

今年は川には入らせらんよ・・・・

【私の仕掛け】 

(タルカゴ)
ロッド:がま磯 我夢者 3号-53
リール:ダイワ キャタリナ 4500
ライン:東レ、銀鱗SSビッグゲーム 6号
ハリス:東レ、トヨフロンスーパーL・EX5〜7号
ハリ:がまかつ A1TKO、10〜12号
ウキ:G1タルカゴ ドクロ
水中ウキ:釣研 1号
天秤:たっちゃ仕掛け・・・天秤はオモリを仕込み改良版
ウキ下:道糸で約3ヒロ〜8ヒロ

(フカセ)
ロッド:がま磯 我夢者 3号−53
リール:ダイワ キャタリナ 4500
ライン:東レ、銀鱗SSビッグゲーム 6号
ハリス:東レ、トヨフロンスーパーL・EX6〜7号
ハリ:がまかつ A1TKO、11〜12号
ウキ:竹下ウキ 14センチ 4B
ガン玉:2B×2個
ウキ下:ハリから

竿2本〜3本

(底カゴ)
ロッド:がま磯 我夢者 3号-53
リール:ダイワ キャタリナ 4500
ライン:東レ、銀鱗SSビッグゲーム 6号
ハリス:東レ、トヨフロンスーパーL・EX7号
ハリ:がまかつ A1TKO、12号
ウキ:釣武者 10号(カン付き)
オモリ:カゴ10号
ウキ下:竿2本〜3本(カゴからウキ止めまで)
天秤:記憶形状合金製 つりたつオリジナル

【今回のエサ】

(一泊二日分として)
オキアミボイル3キロ×10
  

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14343 count

コメント(1件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


いつも楽しく拝見しています。
大漁に釣れて持って帰った時に食べきれない魚はどのようにして保存されてるのでしょうか?
やはり真空パックとかでしょうか?
ご教授頂けたらと思います。

by 匿名 ( 2011-06-11 08:16:54 )


トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2011年6月  >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog