島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2017年10月11日のエントリー



    2017-10-11 | NEW・G1フィッシング

宇竜のヒラマサ釣果


島根半島大社方面でも
ようやくヒラマサの釣かが上向いてきましたよ




上の画像は
昨日、G1メンバーが宇竜で仕留めた
良型ヒラマサです

73.5僂△辰燭修Δ任

長さ以上にですね
体高があり丸々と太っていますねー

よく引いたことでしょう

G1タルカゴドクロの小三点仕掛け
道糸6号、ハリス7号で
仕留めたそうです

棚は竿1本くらいとのことでした

サシエサはオキアミボイル


この日も
他の磯でもヒラマサの釣果があったようです

先週の三連休から上向いてきていますねー
70僉80僖ラスが多いようで
けっこうバラシも・・・・

メンバーには
「7号以下には落とすなよー」って
口酸っぱくいっていますから

太仕掛けで辛抱して
食わせる努力をして仕留めた
まさにG1な釣果だったと思います

さー、これからですね


さて、ヒラマサと言えば
メーター以上

超大型になれば
150儺蕕30圓砲盖擇屮皀鵐好拭爾發い襪錣韻任垢韻匹

最近では
離島の隠岐などでは
磯からのルアー仕掛けに
このモンスター級を仕留めた情報も
聞かれるようになりました

大社にも船釣りで情報がありますから
間違いなくいるんでしょうねー

そう考えると
70僖ラスで騒いでいる
わたしなどは
子どものままごと遊びのような釣りに
見られないでもないですが・・・・


それでもですね
この時期の島根半島の地磯周りでヒットしてくるヒラマサは
ちょっと格別なような気がしています

先ほどものべたように
この周辺で居着いて育った個体は
体高が高く
中にはカンパチとちょっと見間違うほど
(ちょっと大袈裟か)
そして背が黄金色に輝き
レインボーラインも
黄色と言うよりはゴールド

これはですねー
よく引っ張りますし
より、瀬に沿って逃げていくように感じます

食べても最高に旨いですしねー

何よりも
山陰地方独特のタルガゴを使った
超遠投フカセ釣りといった
ゲーム性の高い釣りの好敵手として
最高なのですよ

その魅力にハマった釣り師も多く
地元のみならず
県外の釣り師にも
徐々に浸透し
タルカゴの釣りは広がりを見せています

タルガゴの改良もまだまだ進化を見せていますし
わたしが悲願に思っているのは
タルカゴ専用ロッドの開発ですね

イメージはもう何年も前からできているんですがねー
さすがに素人のわたしでは
ロッドの手作りとまでは叶いません

メーカーに提案して
取り上げてもらうしかないですねー

粘り強く挑戦し続けますよ

それには
まずはどんどん釣りにいかないとなー

現場第一です

2160 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年10月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog