島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2017年3月30日のエントリー



    2017-03-30 | Fishing質問コーナー

マダイのフカセ釣りのマキエについて


年度末!
みなさんお忙しいことでしょう

G1も
おかげさまで公私ともにバタバタしております

ブログもFBも投げっ放しで
失礼しております

質問をいただいておりますが
回答が遅くなってすいません

マダイですねー
今年は期待大ですねー

・・・って言うか
すでにシーズンインを思わせる釣果が
各地から聞かれます

特に隠岐はやはり別格
後々どうなるかはわかりませんけども
今がチャンスかも?

幸運にも・・・
いやいやー
実力があるからでしょうけども
大ダイを手にしたみなさん
おめでとうございます

90儺蕕皀丱鵐丱鹽たっているみたいですから
羨ましい限りです

さて、質問の内容は
「マダイをフカセで狙いたいのですが
 マキエワークとマキエの内容は?」
というものです

G1の基本的な考え方として
フカセであれば
グレやチヌのフカセ釣りと
基本は同じです

隠岐で
グレやチヌ釣りに
大ダイがヒットしてくることはシバシバで
このことを考えれば
マキエワークもその内容も
グレ用、チヌ用で十分通用するといえるでしょう

以上のことを念頭におきながら
G1が実際にどうしているかというと

マキエの内容は
ボイル主体です
春先はオキアミ生を半半か3分の1程度加えることがあります
これは比重に変化を付けるためと
深いタナからマダイをおびき寄せるために効果的です

配合エサは
グレ用、チヌ用でもよいですし
マダイ専用のものもありますから
この中から選んで使っています

春先は比重のあるチヌ用を使い
秋はグレ用
夜釣りはマダイ専用
などと使い分けてみたりしています

G1が気をつけている点は
何を使うかということよりも
ベースとなるボイルとの相性ですね

ボイルと配合エサを合わせる場合は
最初に配合エサだけをバッカンに出して
十分に水分を加えてから
ボイルを加えていきます

混ぜるのも
確実で失敗がないのは手で混ぜることです

内容物で指などをケガしないように
ゴムの手袋をすると
冷たさからも解消されますね

これを怠ると
配合エサがボイルの水分を吸い取ってしまって
比重が軽くなり
マキエの効果が出ない場合がありますので
注意が必要です

そしてもう一つ
比重を優先するために
グレ、チヌ用よりも
若干やわらかめ(水分を多め)に仕上げます

次にマキエワークですが
とにかく基本は磯際です

出来れば磯の上に撒いて
波の上げ下げで吸い込ませるように撒きます

G1の場合
どの釣りでもこれが基本であり
常に実践していることです

たとえ
タルカゴであっても
底カゴであっても
保険のマキエというものがあるんですよ

これはですね
カゴで沖にマキエを入れて
遠くを釣っていても
必ず磯際(足元)からもマキエを入れておくんです

これがキモです!

実は
ある程度のタナ(竿2本から3本)を釣る場合
特にこの足元からのマキエが
釣果を左右する場合が多いものです

磯釣りの基本は
自分が立っている位置を起点に
広く展開していくことが大切だと考えています
2448 count

コメント(4件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


久しぶりに投稿させて頂きます。沖で樽カゴや底カゴで釣っていても、足元に撒き餌をすることが重要とよく言われます。足元から沖に向いて潮が流れていれば足元の撒き餌で沖に魚を寄せる効果はあると思います。足元の潮、沖の潮が
両方とも横向きの流れで、あまり潮どうしの接点が無い場合でも、足元の撒き餌は効果的なのでしょうか?

by 隠岐ファン ( 2017-04-02 09:06:39 )

年度末のお忙しいなかご回答いただきありがとうございました。
釣行前からワクワクしてあんな事こんな事を試してみよーとイメトレと妄想で頭いっぱいになっています。この度、丁寧に分かりやすく解説いただいて整理出来ました。
とにかく隠岐をしっかり楽しもうと思います!

by マーブー1号 ( 2017-03-31 13:44:12 )

お疲れ様です!
毎回、ブログを拝見させて貰って参考にのりますが、フカセで真鯛を狙われる時は最初は配合餌を混ぜてその後にボイルを入れられるのはボイルが沈み易いからですよね?
私は樽かご、底カゴ仕掛けでやる時も足元からボイルを巻いてますがほとんど沈まずカモメの餌食によくなってしまいます。対策とかありますか?
ちなみに私は撒き餌用ですから安いボイル買って巻いてますが撒き餌用も高いのを巻いた方が沈み易いでしょうか?

by 釣りキチ ( 2017-03-31 11:01:56 )

お疲れ様です!
非常に参考になるブログを毎回拝見させて貰ってますが
フカセで真鯛を狙われる時は最初に配合餌を混ぜてその後、ボイルをまぜ十分に水分を吸わせやられるのはボイルが海面に漂わないっていうのは分かりますが、樽かご、底カゴ仕掛けで保険用で足元から巻くボイルは沈まずカモメの餌食によくなってしまいますがこれは何か対策とかありますか?❔
私は撒き餌用ですから安いボイル買って巻いてますが撒き餌用のボイルも高い方が沈み易いですか?

by 釣りキチ ( 2017-03-31 10:57:04 )


トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年3月  >>
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog