島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2018年5月28日のエントリー



    2018-05-28 | NEW・G1フィッシング

地域の誇りだ!消防団


この週末の隠岐は
海も穏やかだし
晴天だし
暖かくなってきたし

不安定だった釣果も
どうやらスイッチが入ったみたいですねー

私はですねー
隠岐の日帰りを断念してしまって
ちょっと反省しています

向かわなかった自分の気力に
喝を入れらんといけませんねー

アオリ釣りは
まったく反応がなしでした


さて、日曜日には
地元で消防の操法訓練大会がありました

これは地域で初期消化を担う
消防団員たちの消火訓練技術を競うものですが
実際の火災現場では
かなり興奮して慌てますからねー

競技化して
反復訓練して
実際の現場でも
慌てずに安全に消火活動をするためのものです





私も過去には消防団員として
この操法やりましたねー

シーズンになると
ほぼ毎日練習です

同じ動作を繰り返し繰り返し練習するんですねー



もちろん仕事が終わってからですが
帰宅するのが9時、10時とかになることもありましたねー

団員はもちろんのこと
その地域の皆さんや
その家族の並々ならぬご支援があっての活動です

6月末には市大会
7月末には県大会
そして8月には全国大会とあって
地域の名誉と誇りをかけて戦うのですよ

学生時代の部活動みたいなところもありますかねー

私が選手としてやっていた時代は
地元の消防団に入って
操法の選手に選ばれて

そして
地域の一人前として認めてもらえる

そんな雰囲気もありましたかねー

今の若い団員さんはどうでしょうか

地域活動とはいえ
全国的にも
若い団員確保が難しくなってきています

わが町では
現在でもこれだけの団員が
がんばっていてくれることは
心強いですし
誇りに思います

いつもありがとうございます


2120 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2018年5月  >>
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog