島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2019年7月5日のエントリー



    2019-07-05 | NEW・G1フィッシング

女子野球がんばれ


各地では高校野球の予選がはじまっていますね
高校野球ファンとしては
なんだか熱くソワソワする季節です


今年の島根はどうなんでしょうねー
母校の大社高校は
昨年の秋、今春と県大会を制覇しましたが
勝負は夏ですねー

ここを勝ち抜く勝負強さが
伝統校としての粘りや泥臭さが
近年発揮できないのはOBとしてももどかしさを感じます

毎年選手層の厚さといい
選手の技術といい
何をとっても県下NO1ですから
このへんでひとつよろしくお願いしますよー

息子の母校でもある
大東高校も引き続き応援しています

さーいよいよですねー


さて、なにかと話題になるのは男子の野球ですが

女子野球も年々盛んになってきています

女子の高校野球も熱いですよー
年々新たに創部する高校が全国に広がり
今年は島根からも島根中央高校が初出場します

初戦は関東の名門「村田女子」との対戦ですが
中央旋風を巻き起こしてくれることを期待して
応援しています

うちの野球娘も京都両洋高校の1期生として
この大会に3年間出場しました

その両洋も昨夏は念願の初優勝を飾りました
高校女子も年々レベルアップしていますから
この大会からも目が離せません

今年から準決勝、決勝は
ネットTVでライヴ配信される予定です







うちの野球娘が所属するエイジェックは
関東予選は勝ち上がって全日本選手権に出場します


IPU環太平洋時代には2年時にこの大会で優勝していますが
これも年々レベルアップするなか
アマチュア日本一をかけて
高校、大学、社会人、クラブチームが対戦します

この大会も準決勝、決勝がネットTVでライヴ配信されますが
通いなれた松山での開催ですから
現地へ駆けつけて応援したいと考えています

底辺が広がりつつある女子野球は
小学生も頑張っています

島根選抜チームは
全日本選手権と同じく松山で開催される
全国大会に出場します

野球娘の恩師の一人であった指導者が
監督をやっておられますので
ここへも声援を送りたいと思います











3146 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2019年7月  >>
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog