島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

2020年9月2日のエントリー



    2020-09-02 | NEW・G1フィッシング

今シーズンラストのオモリグへ


台風の行方が気になります
とりあえず9号については
山陰地方にはさほど大きな影響がないかなー

問題は10号です
これは警戒が必要です

さて、投稿が前後しますが
先週末は今シーズン最後のイカ釣りに行ってきました

まだまだ猛暑ですからねー
夜のもんです

午後7時ともなれば
日が沈み海上は涼しい風が吹くものです

それでも今年は暑いなー

ずいぶん日が暮れるのも早くなってきました
秋の予感も思わせる時期です


今年は早くからオモリグでイカを狙って出撃していましたが
ムラがあって今一つの釣果が続いていました

船酔いにめっぽう弱いこともあって
ちょっとウネリが大きくてもNGのわたしは
8月に入って出る機会が少なかったですかねー



「そろそろ最後ですよー。ここのところで行ってみますかー」
と専属船長のお誘いもあってねー

目指すポイントは
日御碕灯台回りか
キララ多伎沖か
大きくエリアが別れるようです

その辺は船長にお任せですが
船長の経験と勘と腕次第ということです

おい、調子こいて配っていたら
もううちのストック分が底をついたでー
今日は釣るでー

とプレッシャーをかけます

そして目指したのはキララ多伎沖
同じエリアでもですねー
微妙な場所の違いで釣果に差が出ることもあるそうで
この辺は船といえども磯と同じですねー

水深は約40m
すぐに夜光灯も炊いてもらってスタートです
ベタ底付近で誘いをかけると

コンコン、ググーンと柔らかい穂先に
シンカー以上の重みが乗ります

独特のアタリですねー

クッと小さく合わせてすぐにリールを巻くと
来たでー

そしてすぐまた

今日はいいじゃないかやー



深夜までコンスタントにアタリがあって
わたしでも約80パイの釣果がありました

二人で180パイ

この時期にしては良型サイズも来ましたよ
このくらいになるとかなりの重量感ですからねー
面白いです



わたしとしては今シーズン最高の釣果となって
準備していたカゴは満タン

このまま冷凍庫に保存して
美味しいイカを当分楽しめますねー



船長、だんだんねー

9月に入ると
次はタイラバや青物狙いに転じ
年末になるとジギングによる寒ブリ釣り

わたしはシケがねー

超ベタ凪チャンスがあれば
タイラバでも一回やってみましょうー

って専属船長からの誘惑が・・・

同じ釣りって言っても
まだまだやっていない釣りも多いものです

楽しみはたくさんありますねー
1716 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2020年9月  >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog