島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

エントリー

ブログトップへ戻る


    2017-02-01 | 釣り情報や釣りの話題

グレ釣りも奥が深い


プチ G1フィッシング講座を開催します

日時:平成29年2月3日(金)19:00から
場所:宍道公民館 中会議室 NO1
(JR宍道駅 北側徒歩1分)

今回は今がシーズンの
「寒グレ」
「フカセ釣り」
をテーマに絞って
やりたいと思います 

仕掛け
エサ
ポイントの選び方
潮の読み方
風、波、サラシの対策

どこまでできるかわかりませんけども
今、G1が考える
山陰でのグレのフカセ釣りを
濃く、濃く、やってみたいと思います

ご期待ください

参加は
共に学びたい方なら
どなたでも結構です

申し込み不要
参加費無料
直接会場へお越しください

ただし、簡単なアンケート調査に
ご協力ください

今回はG1個人の
まったくの単独企画でございます

さて、ここでですねー
今回の講座にぴったりな
質問が2件届いていますねー

一つ目は
「環付きウキを使用して軽い仕掛けでやってみたが
  うまく馴染まない。どうしたらいいか?」

二つ目は
「サラシの中で仕掛けを安定させるガン玉の打ち方は?」

以上2件です

とってもいい質問なんですが
いずれも
当日のポイントの自然状況や
釣り人の仕掛けの操作や
エサとりの状況
本命グレの活性
グレのサイズ、狙うサイズ

とっても奥が深いテーマなのです

このようなテーマは
本当は第一には
現場で実釣講習が一番です

次に今回開催する
G1フィッシング講座のような形で
実際の仕掛けや
ホワイトボードなどを使って
図解で説明すると
だいたいのことは理解が深まります

その場でみなさんと
確認し合うこともできますからね

そして難しいのが
文章での表現です

いじわるするようで申し訳ないですーがー 

後は、
実際のG1の釣行記から
状況をつかんで
それをヒントにしていただくとよいと思います

それでもなかなか
現場の状況でかなり変わってきますし

極端なことを言えば
28日のG1の釣行でも
あまりのサラシなどの状況変化が多くて
2回と同じ釣り方はないんです

ガン玉の号数やその位置
ハリスの長さ
ウキ止めの位置(タナ)
針の大きさ、種類
仕掛けの投入点と操作
サシエサの種類とサシエサの刺し方
マキエの打つ位置と量
これらは毎回
なにかをいじってるんですよねー


今回の釣りでかえなかったのは
竿、リール
道糸・ハリスの号数くらいでしょうか

プチ講座が楽しみですね
4426 count

コメント(1件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)


お疲れ様です。
何時もブログを拝見しています。
明日お邪魔しようかと思っています。
質問ですが、先日四国にグレ釣りに行きましたが、グレは見えているのですが
釣ることが出来ませんでした。磯際から5mぐらいの間で見えるのですが、タナをどのように決めて釣れば良いのでしょうか?
目で見える深さと実際の深さが違うのでしょうか?
えさは取ったり取らなかったりでした。潮の流れはゆっくり左から右でした。
時間があれば明日教えてもらえるとありがたいです。

by ヒロさん57 ( 2017-02-02 18:43:40 )


トラックバック(0件) (このエントリーはトラックバックは受け付けていません。)

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年2月  >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog