島根、鳥取を中心とした釣り情報を掲載。小島一文のG1フィッシング。


 釣りに関する質問やご意見はこちらへどうぞ! "gtmuki@yahoo.co.jp" 今までのブログは、こちらの過去ログをご覧下さい。

エントリー

ブログトップへ戻る


    2017-02-08 | G1なひとりごと

長い間ありがとさん


とうとうこの日がやってきました
戦友といってもいいでしょうか
愛車のハイエースと5日にお別れしました

実働13年と5ヶ月
走行距離 302,117km

最高の相棒でした



ボディーは各所にサビも出て
穴があいたところもありましたが
共に各地の釣り場を転戦した日々を
思い出します

メンバーで男女遠征や
大会にも参加しましたね

その歴戦の勲章です

まだまだエンジンは好調
手放すことが決まってから約1ヶ月

淋しい感じもしますね
何の不満もないいいやつでしたが

お別れです

生涯ハイエースと決めていたG1ですが
新車で最高グレードとなると

おいおい
超高級車並のお値段

遠征がめっきり少なくなったこと
大人数で釣行する機会が少なくなったこと

家族でも運転がしやすいこと

ここ数年は
娘のyayaの追っかけもありますし




中古の乗用タイプに
お買い得車を見つけてもらいましたので
しばらくはこれでやってみようと思います



いやいやまさか・・・・
これではないですよ

この車くれたら最高ですけどもねー
まさにyaya号ですからねー




まーこの手の車では
近場の釣りでも不自由しますねー

今度の車は
近場の釣りから
2人だったら大型クーラーを2個積んで
遠征も可能なくらいです

二人までの車中泊もOK

(釣りには最高に使い勝手のよかったハイエース)
(4日の知夫釣行が最後になりました)



ハイエースとお別れしたことで
ちょっとやってみないと
どのくらい影響があるかわかりませんねー

釣り場からもですねー
ガンガーンと積み込んで
シャーとかっこよく帰って行けて
気分も良かったですがねー

気を使わんでもいいし

ほんとうに
ご苦労さん

ありがとねー





2933 count

コメント(0件) (このエントリーでは現在コメントは受け付けていません。)

コメントはありません。



トラックバック(0件) トラックバックURL:

トラックバックはありません。




ブログトップ

カテゴリ選択

エントリーカレンダー

<<  2017年2月  >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 1 2 3 4

最近のエントリー

最近のコメント

最近のコメントはありません。

最近のトラックバック

最近のトラックバックはありません。

エントリー履歴

プロフィール

G1-KOJIMA
◆1963年生まれ。
◆島根県松江市宍道町在住。
◆血液型O型。
◆所属(クラブ、団体)
 G1トーナメントクラブ
GFG (島根支部
 TFT・MFG
◆メーカー所属
《フィールドテスター(モニター)》
 がまかつ
東レフィッシング
マルキュー
スワンズ
竹下ウキ工房
武工房

グレ・チヌのふかせ釣りからマダイ・ヒラマサのカゴ釣りまで磯釣りならなんでもこなす。夏はアユ釣りに夢中。
 
 【自己記録】
尾長グレ63.5センチ(男女群島 男島<昼>)
口太グレ51.5センチ(日御碕 とも島)
アユ31.4センチ(江の川 作木村)
マダイ95.0センチ(隠岐島前 西ノ島 冠島)
チヌ57.5センチ(隠岐島前西ノ島 センス)
コイ105.5センチ18キロ(宍道湖 宍道町 潜水道路)
ヒラマサ80.0センチ4.3キロ(大社町宇龍 おばしま)



【釣りの魅力とは】
「釣りは少年の心で」をモットーに西日本各地の磯や河川を釣り歩く。
少年の心とは、幼少のころ遠足の前夜に、
わくわくドキドキして眠られなかったその気持ちです。
釣りは何度行っても、何年やっていても、
この幼少のころの気持ちを忘れさせないところに魅力があります。

G1とは「グレード・ワン」の略であり、最高の等級を表します。
釣果の多少や大小よりも、そこへ行き着くまでのプロセスを大切にし、
その時、その釣人が得た結果を「最高のものであった」と
評価する価値観をいいます。
価値ある釣果(G1な釣果)を得たときのよろこびと
感動を忘れることなく、
釣りはいつも少年のように、
純粋で無垢な心で取り組みたい・・・。

 





 

 




 

会員ページ


rss

携帯サイトアクセス用QRコード

QRコード

tmblog